産後"うつ"のリスク、血液検査で予測できる!?

産後"うつ"のリスク、血液検査で予測できる!?

 

 

 

産後"うつ"のリスク、血液検査で予測できる!?

 

 

 

妊婦が出産後に"うつ"、いわゆる"産後うつ"になる可能
性は、おおよそ20%だと言われている。

 

 

産後の子育てが大事な時期に、産後うつになってしまっ
たら、産後うつになってしまった本人も大変だが、子供
にとってはもっと大変だろう。

 

 

母親が、産後うつ状態では、まともな子育てはできない
だろう、子育てに対して意欲がなくなり、子育てに集中
できない。産後うつは、長い場合には、1年以上も続く
ことがあるという。産後うつの母親は、子どもに悪影響
を与えてしまう可能性もある。

 

 

この産後うつにかかるリスクを、子どもを出産する前に、
あらかじめ予測することが出来れば、産後うつの発症を
予防できるかも知れないし、発症してしまったとしても、
早めに対策を講じることが出来るはずだ。

 

 

この、産後うつになると予測できる妊婦を、前もって予
測することが可能なのだという。

 

 

ある2つの遺伝子を持つ妊婦は、妊娠ホルモンの影響を
受けやすく、ストレスによる攻撃を受けると、産後うつ
になる可能性が高くなると、予測できるという。

 

 

この2つの遺伝子を持ってるかいないかは、血液検査で
わかるのだという。

 

 

そしてその予測精度は、今までの結果から、なんと85
%もの高確率だという。この予測検査以外の検査と平行
して、別の検査もあわせれば、ほぼ100%近い精度の
予測が可能なのだという。

 

 

この、産後うつの予測検査によって、産後うつのリスク
を前もって予測して知ることが出来れば、本人や周りの
家族が、医師と相談して、産後うつに対する早めの予防
措置を講ずることが出来るようになる。

 

 

今はまだ実施されていないようだか、近いうちにテスト
可能になるようだ。早めの実施が望まれる。

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

産後"うつ"のリスク、血液検査で予測できる!?関連ページ

画期的!”うつ”が見える血液検査があった!
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?

トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法