うつ病になる人、ならない人の違いは、考えすぎが原因なのか?

うつ病になる人、ならない人の違いは、考えすぎが原因なのか?

 

 

 

 

 

 

うつ病になる人とならない人の違いは一般的に、物事を深く考え

 

過ぎたり悩み過ぎたりする人がうつ病になる人と言われます。

 

反対にうつ病にならない人は性格上、少しの事で悩んだりせず

 

すぐに忘れる事が出来たり気持ちの切り替えが出来る人

 

うつ病にならない人と言われます。

 

 

 

しかし、そういう表現をすると真面目な人とそうでない人で

 

うつ病になる人、ならない人を分類しているように聞こえて

 

しまうので勘違いしないようにしましょう。

 

 

どっちの性格が良いとか悪いとかの問題ではないのです

 

うつ病になる人とならない人の違いという意味で、心療内科や

 

身近な人から見た傾向によるものです。

 

 

 

うつ病は病気でなので、本来性格は関係ないと思いますが

 

病気の特性から心、すなわちストレスなどが原因で脳の

 

働きに異常を起こす事が原因とされます。

 

 

 

 

うつ病になる人は、神経伝達物質であるセロトニンやノルアドレナリンが

 

うまく機能せずにうつ状態を引き起こすとされています。

 

 

気分が落ち込んだり、何も意欲が沸かないなどの状態です。

 

 

 

逆にうつ病にならない人は、この神経伝達物質が上手く機能する

 

事によりうつ病になりにくいとも言われます。

 

 

 

ただし前述した通り、性格上の違いもかなり大きく作用します。

 

特に仕事で疲労やストレスが溜まり、上手く疲れを取ったり

 

ストレスを発散出来ない人がなうつ病になる人に多く見受け

 

られます。

 

 

 

 

また女性の場合では妊娠や出産などが起因となる場合があります。

 

うつ病にならない人は、ストレスの発散も上手く出来るし

 

気持ちをきちんと言葉で表せたりする人が多く社交的でもあります。

 

 

 

 

うつになる人は、内向的な人が多く悩みなどを自分の中に閉じ込めて

 

しまし相談出来ない、そして誰よりも責任感が強く完璧主義者タイプ

 

うつになる人のは多いのが現実です。

 

 

 

 

またうつ病になる人は、人との付き合いも苦手な人がならない人に

 

比べて多いです。

 

 

 

うつ病になる人は家で一人でいる事が落ち着くなど、外に出る事が

 

少ない場合がありうつにならない人に比べると全く反対です。

 

 

ならない人は人付き合いも多く、色んな親しい人と食事をしたり

 

話をしたりする場が自然と多くなり、なる人に比べて知らない

 

うちに悩みを打ち明けたり解決出来たりしている事が多い

 

考えられます。


スポンサーリンク

 

うつ病になる人、ならない人の違いは、考えすぎが原因なのか?関連ページ

注意!こんな人は”うつ”になりやすい
”うつ”と世間と闘う記録

トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法