日本人に多いあがり症

 

 

 

 

 

 

あがり症は、人前で極度にあがってしまい心臓がバクバクなったり

 

冷や汗をかいたりする不安障害になります。

 

 

 

 

あがり症の人に限らず、人は誰でも大勢の人の前で話したり注目を

 

浴びるのは基本的に得意ではないところがあります。

 

 

 

しかし、あがり症でない人は時間の経過や経験を積む事で慣れていき、

 

冷や汗をかいたり震えたりする事はありません。

 

逆にあがり症になると、慣れで症状が出なくなる事は少なく、いつも

 

緊張をしてしまう様です。

 

 

 

 

ではあがり症とそうでない人との境界線はあるのかというと、それも明確な

 

ものはありません。

 

 

 

あがり症になる原因として、人から偏見を受けたくないという

 

不安が根本にあります。

 

 

その為、人の前での失態などは許されないと思ってしまい

 

少しでも自分でミスをしたと思えば自分が許せないという

 

部分を持ってしまいます。

 

 

 

 

またあがり症は日本人に多い特有な人格障害とも言われています。

 

 

日本は集団を基本とした行動が社会的に普通である為に、人と

 

違った事をすると批判される傾向にあります。

 

 

その為、集団行動を必死に乱さないようにしていきますが

 

こういった緊張感があがり症の根底にあるとも言われています。

 

 

 

もちろん個人的な性格の部分もあがり症に大きく影響を及ぼす事は

 

言うまでもありません。

 

 

 

昔から人前に出ると緊張するから、人前に出たり大勢の人の前で

 

話すなどの緊張感のある状態は避けてきた。

 

などの場合はあがり症になる危険性は大きいかも知れません。

 

 

 

 

自分に思い当たる部分があればまずは自己診断などをする事が

 

症状を大きくしない為の良い方法でもあります。


TOPへ