うつ病で労災却下の原因は、発症日の間違いなんです。パワハラでうつ病になってしまった場合にも労災認定は下ります。しかし簡単ではありません。まず、自分でうつ病になりましたと宣言しても、なんの証明にもなりませんから、病院でしっかりと検査をしてうつ...

うつ病になれば、退職、休職を余儀なくされることもありますし、治療費や生活費、薬代など、経済的負担も重くのしかかってきます。そのためにうつを悪化させてしまっては、治るものも治らなくなってしまいます。うつ病を治すためには、この問題を解決しておき...

うつ病の方が”生命保険”へ加入する現状は?現在増加傾向にある「うつ病」。そんな中、うつ病を患いながらも”生命保険”へ加入したいという声もあります。家族の将来を案じているわけです。一昔まではうつ病というだけで生命保険へ絶対に加入できなかったの...

うつ病の辛い療養期間を終えて、ほとんど完治した時に役立つ情報をお話しします。うつ病を回復させて社会復帰する時に”障害者手帳”を発行しましょう。障害者手帳を発行するには、医師に診断書を作成してもらい、各市町村の窓口に申請します。うつ病を患って...

百年に一度の大不況。会社勤めで過労が続き「うつ病」を発症する例もあります。その時には傷病手当を適用します。傷病手当は病気で会社を休んでいる時に給付を受け取る制度です。1年半は適応期間です。傷病手当で一番困る時は期間が切れる事です。傷病手当が...

"うつ"患者が意外と知らない「精神障害者保健福祉手帳」とは?"うつ"になったら、これも申請しないと損!「精神障害者保健福祉手帳」"うつ"患者であっても、以外と知らない人が多いのがこの「精神障害者保健福祉手帳」です。この「精神障害者保健福祉手...

”うつ”になったら自立支援医療制度を利用しないと損!申請方法実際”うつ”になった時の自立支援医療制度の申請方法を、市役所へ行き、聞いてきました。実は、いとこが市役所で働いているので、”うつ”になった場合の自立支援医療制度の申請方法を聞いてき...

あなたも損してる!?自立支援医療制度で、”うつ”の医療費が3分の1に!”うつ”で通院しなければならないとなると、医療費も馬鹿になりません。出来るだけ医療費をおさえたいところです。実は、この医療費を補助してくれる制度があります。自立支援医療制...

TOPへ