「鬱病 ・・・」で検索をかけると、ネット上に様々な鬱病に対する情報が出てきます。当然ほとんどがうつ病の人をサポートしようという思いのサイトが多いのですが、ごくわずかですが許せないサイトを見かけます。たとえば、(仮タイトル)うつ病で年額○○万...

うつ病患者や精神疾患で苦しむ人を持つ、家族の方の心労は尽きないと思いますが、やはり家族の助けがないとなかなかうつ病は治る事がないと思います。長い間うつ病と付き合っているとうつ病とは何か?なんで自分はこうなるんだろう?どうすれば直るんだろう?...

Cat still in a basket.Cat still in a basket. / flowbadger

Cat / Moyan_Brennうつにより吐き気がみられる患者さんは多くみられます。特に嫌な事を思い出したり、嫌な場面に出くわすなどの強いストレスを感じたときに吐き気を催します。うつの身体症状に自律神経症状が高い確率で見られる事はよく知ら...

”うつ”で苦しんでいる彼女へのベストな接し方とは?あなたに今彼女がいて、その彼女が”うつ”で苦しんでいるならば、彼女に対する接し方がとても重要になってきます。女性は男性に比べて”うつ”になる可能性が高いです。月経などで情緒が不安定になりやす...

医師でも判断が難しい”うつ”の復職のタイミングとは?”うつ”になって、会社を休職して治療に専念することは、当然の選択ですが。では復職のタイミングはいつなのかというと、実際そのタイミングは、はっきりとは決まっていないのが現状です。”うつ”の症...

”うつ”の子どもが起こす暴力への適切な対処法とは?”うつ”の子どもの精神的状態で大人との大きな違いは、”うつ”の大人に見られる憂うつな気分よりも、イライラがより多く見られるということです。この自分でも訳もわからないイライラの気分のために、と...

”うつ”を呼ぶ!”何もしない時間”は罪という意識”うつ”はどこからくるのか?「何もしない時間」はいつから「無駄な時間」となったのか?一体いつから、われわれ現代人は、子どもから大人まで、毎日毎日次から次へと”やること”に、追われるようになって...

シック・マザー、なんと子どもの中学入学までに40%も!母親がシック・マザーになるのは、その負担と責任が大きくのしかかっているから。核家族が多くなっている現在では、もし母親が病気などで何かあった場合、その代わりをしてくれる存在が身近にいない。...

誰も分かってない!”うつ”患者に言ってはいけない言葉”うつ”の人じゃなくても、他人の何気ない一言で、気分が沈んでしまうことは、誰にだってある。ましてや”うつ”の人であれば、その落ち込みようは、普通の人とは比べも物にならないだろう。”うつ”の...

子どもが”うつ”になってしまったら、まずなにをするの?子どもの”うつ”が増えてきていると、最近はテレビなどでも報道されるようになってきたが、それでも未だに、子どもが”うつ”になるのかと、驚く人はたくさんいる。約2万人の子どもを調査した、ある...

インターネットの使い方で”うつ”になりやすいかが分かる!?なんと、日頃のインターネットの使いかたを見てるだけで、その人が、”うつ”になりやすいかどうかが分かってしまうという。”うつ”になりやすい人は、普通の人とは違ったインターネットの使い方...

心療内科と精神科、”うつ”になったらどっちを受診するのか?”うつ”の疑いがあるとき、心療内科、精神科、一体どっちを受診すればいいのか、一般の人は良くわからないと思います。私も最初その違いが、よくわかりませんでした。心療内科と精神科は違います...

子どもの”うつ”の原因が親にあるかもしれない!?親のどちらかが”うつ”である場合、その子どもの心身にも影響を与えるとの研究報告がある。親が”うつ”であれば、子どもの感情面に問題が生じるリスクが高まるという。もし今自分の子どもの感情面に、何ら...

やっぱりそうか!労働時間が長いほど”うつ”になるリスクが高まる!?労働時間が長すぎると”うつ”になるリスクが2倍になるという研究報告がある。まあ、当たり前といえば当たり前のような気がするが、好きでもない仕事の労働時間が長かったら、そりゃ誰だ...

インターネットが”うつ”を誘発する?驚きの研究結果が発表!毎日長時間ネットに繋がっていないといられない人というのは多いですが、インターネット依存が”うつ”を誘発する可能性があることがわかったようです。研究報告によれば、毎日長い時間インターネ...

「不安神経症」”うつ”と間違えやすい病気を知っておく。”うつ”と間違えやすい病気は、困ったことにいくつもあります。不安神経症もその一つですが、微妙な症状の違いで、”うつ”とは治療方法が変わってきますから、正確な診断が重要なはずです。”うつ”...

自律神経失調症、治らないなら、それは仮面うつ病かもしれない!?この仮面うつ病と、自律神経失調症との違い、とにかくよくわかりません。いろいろ勉強したんですが、未だに、仮面うつ病と自律神経失調症の違いがはっきり理解できないのです。仮面うつ病とい...

診断を間違えると治らない!?”うつ”と気分変調症の違いとは?”うつ”と間違われやすい疾患として、気分変調症があります。この気分変調症は”うつ”のような、抑うつ状態が2年以上の長期に渡って続く慢性疾患です。 大うつ病の診断条件を満たさない、慢...

なんと非情な!”うつ”になったら離婚も解雇もやむなしなのか?”うつ”は離婚の理由になるのか?家族が”うつ”になってしまったら、仕事はできませんし、家事も十分には出来ませんから、”うつ”患者の家族の負担は大きいものとなってきます。負担に耐えら...

抗うつ薬で子どもが自殺するという衝撃的な事実とは?抗うつ薬と子どもの自殺の因果関係とはなにか?2002年のイギリスのテレビ番組で、ある衝撃的な報告がなされた。抗うつ薬のパジキルと”うつ”患者の子ども自殺の増加には因果関係があるというのである...

”うつ”の薬が患者を増やしたという驚くべき事実!”うつ”の薬の販売と共に、”うつ”に対する正確な理解を促す活動が活発になる。このため、今まで”うつ”と知らずに苦しんでいた人々が積極的に受診するようになり、薬を服用する人は、何倍にも増えている...

東アジア人は欧米に比べて”うつ”が少ないとう事実アメリカやイギリスなどの、欧米諸国と比べると、東アジアの日本は”うつ”患者が少ないのだという。世界的な調査を行うと、常に東アジアの国々、中国や韓国、台湾、日本は、欧米に比べて”うつ”が少ないの...

子どもが”うつ”になったら、学校はどうすればいいの?親はもちろん心配ですが、実際”うつ”になったら子どもは学校なんて行ってられません。現実問題として無理なんです。子ども自身は、行く気はありますし、行こうとします。でもどうしても体がついていけ...

女性が”うつ”になりやすい本当のワケとは?女性の、”うつ”になる確率は、男性に比べてはるかに高い。その一生の間で、なんと4人に1人以上の女性が”うつ”になってしまうという。特に中学生頃から、中年期にかけての”うつ”が、圧倒的に多い。中学生の...

”うつ”に見られる症状 わかりやすくしてみた睡眠にあらわれる症状睡眠については、眠れなくなる場合と、逆に、いつまでも眠り続けてしまう場合の両極端の症状が見られる。俗に躁うつ病と言われる、双極性障害や、典型的でない”うつ”である、非定型うつ、...

大うつ、小うつとはなにか?”うつ”といっても、その病には、たくさんの種類、タイプがあることがわかっている。それを正確に分類することが、診断する上でも、治療していく上でも重要になってくる。まず、”うつ”を大きく分けると、”うつ”の状態のみが見...

”うつ”は誤診されやすいのか?いまもし、あなたが”うつ”であると診断されたら、まず間違いなく、抗うつ薬が処方される。私などもそうだが、”うつ”などという心の病が、はたして薬などで治るのだろうか?という疑問を抱くかもしれない。そんなあやふやな...

薬を止めると”うつ”は2年以内に50%が再発!?最近は、テレビ番組や、雑誌の記事などで盛んに”うつ”が取り上げられている。ほとんどの内容が、”うつ”は薬と十分な休養をとれば、必ず治るから、”うつ”の疑いがあれば、早めに病院にいって治療を受け...

子どもが発する、”うつ”のサインを見逃さない子どもの”うつ”心の叫びに気づく。朝起きて、学校に行こうと支度をしている時に、子どもが、「なんか頭が痛い」「少しお腹が痛い」「気分が悪い」「なんかだるい」ということがたまにあります。こんな時は、私...

「仮面うつ病」という病”うつ”のように見えない”うつ”?”うつ”のことを調べていると、よく目にする言葉に「仮面うつ病」という言葉がある。この言葉はよく誤解されているようで、”うつ”の患者の表情が「仮面」のように無表情だから、仮面うつ病と言わ...

メランコリー型”うつ”とは?メランコリー型うつ。この”うつ”は、まじめで几帳面な人がなりやすい”うつ”どんなことでも、ほどほどにということが出来ない。完璧主義。ストレスも大きくなってしまうので、”うつ”になりやすい。もともと”うつ”といえば...

”うつ”は大きく分けて4つのタイプがある。当然ですが、”うつ”の患者さんなら皆同じタイプの症状をうったえているかというと、そんなことはありません。症状はもちろんのこと、”うつ”に至るまでの経緯なども、人によって変わってきます。”うつ”になる...

子どもの”うつ”の原因と特徴。”うつ”気分よりも、身体的な症状の方が目立つ。子どもの”うつ”は大人と違って、はっきりとした原因があることが多い。体の異変が起こってくるので、子どもの”うつ”の特徴を理解していれば、比較的気づきやすい。つい最近...

原因が思い当たりません。それでも”うつ”?なんと、喜ばしいことがストレスとなって”うつ”になることもあるんです。”うつ”になってしまったけれども、どうしてもその原因となるストレスが見当たらないという人は結構います。全ての”うつ”患者に、ハッ...

実際、私の子供もそうですが・・・”うつ”になる子供は、とても自分に厳しく、少しでも自分に納得のいかないことがあると、すぐに自分を強く責めてしまいます。そのため”うつ”の子供は、最終的に、自分なんかいなくなってしまえばいい、消えてしまえばいい...

”うつ”の理解”うつ”というのは一般的に、「憂鬱な気分」とか、やる気がない、出ない、思考が同道巡りしてしまって、うまくまとめることが出来ない、すぐに疲れる、夜寝られない、などの精神的症状や身体的症状が長く続き、社会生活や、学校生活が難しくな...

”うつ”の一般的なサイン”うつ”はかなり重度の精神的苦痛をともないます。健康を奪い、生活のリズムや睡眠のリズムを乱します。また、考え方や感じ方、健康状態に影響を与えます。そして”うつ”になると、何らかの形で身体的症状、サインが現れてきます。...

”うつ”のサインの実際”うつ”のサインとか言いますが、そんなものハッキリ言って分かりません。医者ですら分からないのですから、素人に分かるはずもないです。”うつ”である私の息子もは最初は「偏頭痛」としてサインが現れましたが、それが”うつ”のサ...

TOPへ