読書をするとなぜが気分がリラックスして、落ち着いてくるという経験をしたことがないでしょうか?読書には精神を落ち着かせる効果があるようですが、うつ病の治療においても「読書療法」という治療法が実際に欧米では研究されています。うつ病で気分が落ち込...

うつ病などの精神疾患の患者にとって、まだまだ医療施設の不備は直面するひとつの大きな問題であると思ってます。精神科および心療内科など精神疾患を持つ患者を診察するのは、この2つがメインになりますがその病院がどのぐらいあるかというと十分に足りてる...

うつ病治療においては様々な薬が、それぞれ個人の症状にあわせて処方されると思います。しかしこのうつ病の薬一体いつまで飲めばいいのか?終わりが見えないところが不安です。うつ病自体は治りにくい病気と言われていますが、その背景には再発率の高さがある...

アルコール依存症やギャンブル依存症には、自助グループなどがあり患者自体を救おうという動きが一部ではあるものの存在します。しかしうつ病や精神疾患に関しては、心療内科やセラピーはあるもののなかなかサポートする体制を作れないというのが難しい現実で...

うつ病は心の風邪と言われます。しかし風邪を引いたりインフルエンザにかかったり、突然なりそして短期間で治っていく病気ではありません。それが故になかなか克服・完治することが難しい病気であることを認識した方が良いでしょう。うつ病への社会的認知も広...

私、筆者も長い間うつ病と付き合っていますが、皆さんは音楽が好きですか?私はあまり好きではありません。と言えば語弊を生むかも知れませんが、音楽を聴こうと思えないからです。もちろん音楽は好きですが、聞きたくない気分の時に音楽を聴こうとは思いませ...

■夢中になれるものがあれば克服の第一歩■うつ病を克服した人の中に絵がきっかけになった人がいます。絵を書く事で気持ちが落ち着き、次第に絵を書く事を生きがいとして感じる事でうつ病を克服したという形になるのでしょうか。こういう形でうつ病を克服させ...

うつ病治療の新たな治療薬として、2006年一月に承認がおりたのがうつ病をはじめとする統合失調症の諸症状を改善させるとされるエビリファイです。うつ病治療には様々な薬が開発されていますが、このエビリファイうつ病改善薬の最終手段とも言われています...

■自然と効いているパキシル■うつ病と診断され、処方される薬の中にパキシルという薬がありますがパキシルの効果ってどういう感じなのか?パキシルの効果については色んな事を聞きます。効果がないと言う言葉を結構見かけますが、本当に効果がないのでしょう...

こんな声がありました。うつ病を患っている方に、散歩をさせて良いものかどうか迷っている声がありました。うつ病患者の状態にもよりますが、出来るなら散歩はさせた方が良いです。外で散歩をすると気分転換には良いです。ですがうつ病を患っている身なので、...

冬になると”便秘”になるという方は多々いると思います。しかし、冬になると”冬特有のうつ”というのをご存知でしょうか?これは知っている人と知らない人が分かれる話題です。では冬特有のうつというのをご紹介致します。「うつ」というワードが付くので一...

病院でリーマスが処方された!これって双極性うつ?単極性うつ?もし病院でリーマス(リチウム)が処方されたときあなたはどう考えるでしょうか。リーマスに限らず、自分に処方されている薬を知るは不安を軽減する意味でも非常に大切なことです。今回はうつに...

抗うつ薬リタリンの不幸な歴史!?リタリンは1957年にうつ病・迎うつ神経症に承認されて以来、50年に渡って抗うつ薬としてうつ病に使用されていた薬でしたが、2007年に難治性うつ、遷延性うつ病がリタリンの適用から外れる事になりました。つまり、...

ハーバード大学の研究者が考案したご飯を食べない!?食事で”うつ”を根本から治療する、新しい方法とは?”うつ”の治療は薬物療法と休養が基本なのは言うまでもありませんが、しかし、薬物療法は副作用の心配もまだまだありますし、しかも根本からの治療と...

"うつ”サプリメントで改善してみる”うつ”は脳の神経伝達機能が低下しているために起きているという一面がある。神経伝達に必要なホルモンが不足していたり、”うつ”患者には、特徴的に、ある栄養が不足していたりする。サプリメントによって、”うつ”患...

”神”が”うつ”を改善してくれる、奇跡のプログラムがあった!?神の”うつ”改善プログラム”うつ”患者のうちで、神様を信じている人の方が、そうでない人と比べて、”うつ”の改善の度合いが高いという、驚きの研究報告がある。”うつ”を改善する、奇跡...

”うつ”の治療になる食べ物”うつ”に効く食べ物とはなにか?”うつ”患者は脳内物質のセロトニンが少なくなっていますので、単純にセロトニンを増やす食べ物が、”うつ”を改善することが出来ます。”うつ”患者に不足がちなセロトニンは、必須アミノ酸のト...

なんと!美容整形で”うつ”が治った?よくテレビなどで、年配のタレントが、顔の皺を取るための美容整形で、ボトックス注射をした、などと言っていることがある。この美容整形のボトックス注射には筋肉を弛緩させる作用があり、眉間の皺の美容整形だけでなく...

漢方薬のみで”うつ”が治るのか?”うつ”の治療といえば、休養と薬物療法が基本となっていますが、薬物療法では抗うつ薬が中心となって使用されます。この、抗うつ薬の実際の効果には疑問を持っている研究者がいることも事実です。最近の抗うつ薬は、副作用...

自分を”うつ”だと思うと治らない!?自分を”うつ”と考えることが心に与える影響とは?ほとんどの人は、軽い気分の落ち込み程度の、軽い”うつ”を病気だとすることに抵抗を感じる。自分が”うつ”なのではと考えることが、何か良くない影響を自分に与える...

子どもが”うつ”になったら、病院はどうするの?どこがいいの?確かに、最初は一つの病院では、はっきりと病名がわからないことがあります。特に”うつ”はそうですが、次から次へと病院を替わることは、かえって”うつ”の子どもを不安にさせてしまいます。...

運動で”うつ”を治す!テニスで”うつ”を治療する!?適度な運動は、”うつ”にたいして、治療効果をもたらすことは、昔から言われていた。毎日運動することができなくても、一日おきの運動でも、犬を散歩させる程度の、軽い運動でも、抗うつ薬と同じレベル...

”うつ”の治療と食事。心と体のバランスを保つには食事からの栄養が大事一番重要な食事は、なんといっても朝食。一日のエネルギーのもと、活動の元になる。”うつ”の心を落ち着ける作用もある。”うつ”の症状に、食事が面倒、食欲がわかないなどの症状がよ...

メランコリー型”うつ”をどう治療するか?メランコリー型”うつ”の特徴である、「こだわり癖」を直す。メランコリー型”うつ”を再発させないためには、十分休養をとらせ、薬物療法と精神療法をおこなう。治療は、ゆっくりと時間をかけて、休みながらおこな...

”うつ”に対して、家族として、どう接したらいいのか分からない?”うつ”患者に対しては、ただ話を聞いてあげることが大事です。”うつ”の患者さんにとって、家族はとても重要なサポーターです。身の回りの世話や、病院にいくときなども、そばについていて...

抗うつ薬を服用することで、依存性はあるのか?。抗うつ薬に依存性はない。信頼して服用すること。精神科などで使用されている、抗うつ薬などの薬は、自分達の周りでも、服用している人が少ないために、副作用や依存性も強いのではないかとの、不安をもってい...

自分で出来る”うつ”の治療法”うつ”の治療、体を動かせば、心も元気になる。”うつ”治療では「よし、運動するぞ!」と力まないこと。”うつ”の症状が少なく、比較的気持ちのいいときに軽くおこなう。”うつ”の症状がきつい時には、運動などは出来ません...

”うつ”の再発の前にあらわれるサインを覚えておく。”うつ”再発のサインにいち早く気づくことが大切。”うつ”は早めの対応が再発を食い止める。”うつ”再発のサインがあらわれたら要注意。”うつ”は再発しやすい病気。よくなっても、またストレスがたま...

”うつ”の治療法 認知療法”うつ”の思考パターン変える認知療法考え方を変えると、気持ちが楽になる。”うつ”の人にはもののとらえ方、考え方に、特徴がある場合があります。それを修正することによって、気分的に大分楽になることが出来ます。これを認知...

”うつ”を楽にする自律訓練法。自律訓練法は”うつ”の症状を楽にしてくれます。心身の緊張を取り除く効果のある自律訓練法を試してみましょう。”うつ”に効果のある自律訓練法とはなにか?自律訓練法とは、ストレスなどからくる心身の緊張を緩和するための...

”うつ”の薬物療法で使用される薬について。”うつ”治療の薬物療法では「抗うつ薬」が中心となって使用される。”うつ”のタイプの違いによって、薬は違ってくる。普通”うつ”の治療は、「休養」と「薬物療法」の2つが中心となって行われます。”うつ”治...

”うつ”の治療”うつ”は、早期に発見されれば、十分な療養と、的確な治療によって、その80%が1年以内に完治すると言われています。しかし、”うつ”の治療中に「頑張れ」「そんなに落ち込むな」などの叱咤激励は”うつ”患者には間違っても言ってはいけ...

TOPへ