パニック障害を漢方薬で安全に治す

パニック障害を漢方薬で安全に治す

 

 

 

 

 

 

■漢方でも治せるパニック障害■

 

 

 

 

パニック障害や他の精神的疾患で病院を訪れた場合、

 

ほぼ薬による治療が行われます。

 

 

 

しかしパニック障害の治療で処方される薬は、効き目が早いが

 

副作用もあります。

 

 

 

 

医学には西洋医学と東洋医学という考え方があり、漢方薬

 

東洋医学になりますが、漢方薬の良さもたくさんあります。

 

また病院では医師の考え方などにより漢方薬を処方する

 

場合もあります。

 

 

 

 

漢方薬は基本的に効果が出るまで時間が掛かりますが、

 

身体に対するリスクはほとんど考えられません。

 

 

 

パニック障害の発作を抑える漢方もあります。

 

 

 

 

しかしパニック障害や神経性不安を抱える患者にとっては、

 

パニック障害の発作が出た時にすぐに発作を抑える作用の

 

強い、ワイパックスなどの薬をどうしても頼ってしまい

 

漢方には中々目がいかないものです。

 

 

 

 

またパニック障害で、病院から処方されている薬で治療を

 

行っている場合、自分の判断で市販でも買える漢方に切り替える

 

のは大変危険です。

 

 

漢方だからと言っても、薬は薬です。

 

 

 

間違った使い方をすれば危険が大きいので自己判断は禁物です。

 

 

 

 

うつ病、パニック障害、その他の精神不安の薬は、止めると

 

激しい離脱症状に悩まされます。

 

その為、勝手に漢方で治そうと思っても素人では簡単には

 

いきません。

 

 

 

 

しかし、パニック障害を持つ妊婦さんにとっては薬の問題は

 

深刻です。

 

 

精神科や診療内科で処方される、うつ病の抗うつ剤やパニック

 

障害の薬を飲むと、お腹の子供に副作用の心配があります。

 

そういった場合は漢方での治療をする場合があります。

 

 

 

 

またパニック障害が疑われるが病院には行かず、漢方薬を

 

飲んで様子を見たいという人も、大きなドラッグ店で薬の

 

知識を持った店員がいる薬局できちんと説明を受けてから

 

服用をして下さい。


スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法