目をそむけてはいけないデパスの副作用

目をそむけてはいけないデパスの副作用

 

 

 

 

 

 

■目をそむけてはいけない副作用■

 

 

 

 

デパスの副作用としておもに考えられる点は以下の

 

様になります。

 

 

 

湿疹などのアレルギー症状・眠気・目眩・不眠、頭痛、眼のかすみ

 

眼瞼けいれん・耳鳴り・口やのどの渇き・舌のもつれ・手指の震え

 

言語障害・むくみ・脱力感・倦怠感などの副作用があるとされています。

 

 

 

 

しかしデパスに限定された副作用ではなく、デパス以外の

 

抗不安剤や打つ剤にもこの様な副作用はあります。

 

 

 

 

また上記の様な副作用も、服用の量を間違えたり不安で

 

過剰にデパスを必要量異常服用しすぎた場合に起こる副作用が

 

ほとんどです。

 

 

 

ただ、医師の指示通りの量と回数を服用しているのに

 

激しい副作用が起こった場合は、医師に相談する事が

 

必要です。

 

 

処方されるデパスの量を変えたりする事で副作用が軽減されたり

 

なくなったりします。

 

 

 

 

またデパスは依存度も高くなる薬と言われていますので、

 

正しい知識を持つ事で副作用に悩まされる事も少なく

 

なるかも知れません。

 

 

 

精神障害に悩まされる人にとっては、デパスなど抗不安剤は

 

中々服用を止める事は難しいです。

 

中でもデパスは効き目が短時間で現れる効果がある為、

 

強迫性障害やパニック障害の人にはデパスは欠かせない

 

とも言えます。

 

 

 

 

私達は気が付かないだけで、風邪を引いて内科で処方される

 

薬の中にも強い副作用を持つ薬もあります。

 

でも風邪という病気の為その事を気にもしません。

 

 

 

 

しかし、精神的な病気の治療に適したデパスなどの薬は

 

なぜか悪いイメージがつきまといます。

 

 

 

どんな薬も薬に変わりはありません。

 

正しい知識を持つ事が一番必要な事ではないでしょうか。


スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法