マイスリーなどの薬を致死量服用して自殺を図る!?

マイスリーなどの薬を致死量服用して自殺を図る!?

 

 

 

 

 

 

■自殺の為の薬ではない■

 

 

 

 

マイスリーをはじめ、睡眠導入剤は服用量を誤まる、すなわち

 

致死量を飲むと死に至る事があると言われています。

 

 

 

睡眠導入剤ではマイスリーやハルシオンと言った薬が

 

代表的ですが、どのくらいの量を飲めば致死量に達するので

 

しょうか。

 

 

 

 

また致死量になる量を服用すると本当に死に繋がるのでしょうか。

 

近年の精神不安者による自殺者は増加傾向が止まらないのが

 

現状です。

 

 

 

その背景には、就職難や経済状況のあります。

 

 

 

将来に期待を持てない事を理由に自殺者が後を絶たないという

 

悲しい現実があります。

 

 

 

自殺者が望むのが楽に眠るように死にたいという願望が多く、

 

マイスリーなどの薬を致死量服用して自殺を図る傾向があります

 

 

 

しかし、マイスリーをはじめとする睡眠導入剤に正確な致死量なんて

 

ないのが現実です。

 

 

 

ネットなどでマイスリーの致死量ってどのくらい?

 

とか言う書き込みも見かけます。

 

 

 

またこういった質問に安易に致死量を回答する文面も見かけますが、

 

致死量に至るマイスリーの量なんて実際には誰もわかりません。

 

 

 

ただ、マイスリーを一度に大量に摂取すると吐き気をもよおし

 

錯乱状態や錯覚、幻覚を見るような常態になる事は事実ですが

 

死に至る致死量ではありません。

 

 

 

分かり易く言えば、誤まったマイスリーの致死量という情報を

 

一度に大量に服用する事で、幻覚や錯覚を覚え手首を切るなどの

 

方法で自殺をした例がある。

 

そういう結果になるのではないでしょうか。

 

 

 

マイスリーやハルシオンをはじめとする、睡眠導入剤は当然

 

飲めば眠くなる成分が入ってます。

 

その為過剰に服用すると、その効果は必要以上に強くなり

 

自分で自分をコントロール出来ない状態に陥る可能性が

 

大きくなります。

 

 

 

大変危険な行動ですが、マイスリーを病院で処方されている患者

 

さんの手元には、実際最高で1ヶ月分の薬がある場合が多いです。

 

 

 

精神的にもうどうにもならなくて死にたいと思った時、その薬を

 

大量に飲んで自殺を図るというパターンが実際のところで、睡眠

 

導入剤の致死量なんて実際には分からないのが本当のではないでしょうか。


スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法