依存という副作用もマイスリーにはあります。

依存という副作用もマイスリーにはあります。

 

 

 

 

 

■依存度の強さは予め把握する事■

 

 

 

 

マイスリーは精神不安などの障害などで、睡眠を上手く

 

取れない時などに処方されるケースが多い薬のひとつです。

 

 

 

マイスリーを簡単に言い表すと、睡眠導入剤や睡眠剤(薬)

 

と捉えてもらえればよいと思います。

 

 

 

マイスリーは依存度が非常に高くなる薬でもあります。

 

 

 

でも医師がマイスリーの依存度に対しての説明を、処方前に

 

十分行うかは疑問が残る点でもあります。

 

 

 

それは、マイスリーに限らず他の薬でもそうですが、

 

症状を聞いてそれに合う薬を処方するだけで、副作用や

 

依存度の高さまで説明する医師は数少ない様です。

 

 

 

 

うつ病などで中々上手く寝付けない時に、医師に相談すると

 

処方される薬の中でマイスリーがありますが、睡眠薬としての

 

マイスリーは比較的安全性の高い薬ともいわれています。

 

 

 

しかし安全性は高くても、他の精神系の薬と同じで

 

依存という副作用もマイスリーにはあります。

 

 

 

初期段階では良く効きますの、でそうしても依存度が高くなり

 

次第に飲まないと眠れないといったレベルまでの依存のケースも

 

マイスリーには数多くあります。

 

 

 

不眠や眠りが浅いなどは、身体にとっても大きな影響を及ぼし

 

精神的にも疲れます。

 

 

 

マイスリーを服用してその症状が改善されれば、当然毎日服用

 

する様になり依存してしまうのは仕方のない事だとも思えます。

 

依存というより、欠かせない薬になってしまいます。

 

 

 

アルコール依存やニコチン中毒と同じ感覚で、なければ落ち着かない

 

と言った不安を持ってしまう為依存度は高くなります。


スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法