あがり症を克服する為に

あがり症を克服する為に

 

 

 

 

 

 

人前で極度の緊張をしてしまうあがり症は、軽度のものから

 

重度のものまであります。

 

 

 

あがり症の症状は人により個人差があり、症状が出る場面も

 

個人差があると思いますが克服しなければ社会生活に不安を

 

抱き続けなければならないでしょう。

 

 

 

軽度のあがり症であれば、人前での行動や発言を繰り返す

 

事により自然に克服できている場合もあります。

 

 

 

あがり症でない人も、誰もが仕事や社会生活の場面でスピーチなど

 

の多数の人を前に緊張感を強いられる場面があります。

 

最初は緊張しますが、やり遂げてしまえばその緊張感に慣れて

 

しまい二度目は緊張をしない事が普通です。

 

しかしこれが出来ないのがあがり症になります。

 

 

 

 

あがり症の症状が激しい人は何度目でも緊張をしてしまい

 

思うように人前で話せたりしません。

 

慣れによるあがり症の克服が自分では出来ない事になるので

 

何かの支援が必要になります。

 

 

それが例えば、気分を落ち着かせる事の出来る薬であったり

 

カウンセリングであったりします。

 

 

また医療関係でなくても、団体や法人などの機関であがり症や

 

パニック障害、対人恐怖症などの克服を支援する所もあります。

 

 

 

 

当然何もしなくてはあがり症は克服出来ません。

 

自分で気持ちを入れ替えて、よし 次は頑張るぞと思える人で

 

あればあがり症でないと思いますが、どうしても人前に出る事を

 

極度に重たく考える様であれば、まずは心療内科での診察を

 

しましょう。

 

そこから克服への一歩が踏み出せると思います。

 

 

 

もちろん書籍やネットなどで情報を閲覧する事は可能ですが、

 

症状やその度合いは個人差があり自分にあった形の克服への

 

道が見つからない事が多いです。

 

 

 

あがり症になったきっかけなどが克服に向けては大事な

 

事になりますので、専門の心療内科やカウンセリングを

 

受ける事が克服への近道ではないでしょうか。

 

 

 

対人恐怖症などもそうですが、早期克服に必要なのは

 

早期に相談する事が何より大切です。


スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法