不安障害ではどういった薬が効果的なのか?


(出典 http://www.art-library.com/munch-scream.html)

 

 

 

 

 

■早期改善にはきちんとした情報提供を■

 

 

 

不安障害ではどういった薬が効果的なのでしょうか。

 

 

不安障害もパニック障害もうつ病も、精神伝達物質や

 

脳の伝達神経など神経系に異常が起こる病気だとされて

 

います。

 

その為、その神経系に上手く作用するを飲んで時間を

 

掛けて治療していく事になります。

 

 

 

 

また不安障害とうつ病などでは、同系の薬でも効果は

 

異なる薬を症状をもとに医師が処方します。

 

 

 

また基本的に薬は、個人の体格差や治療期間の他色々な

 

個人差を考慮して決められます。

 

 

例えば、同じ不安障害の患者さんが3人いても必ずしも

 

全く同じ薬で全く同じ量だとは限りません。

 

 

 

不安障害で主に処方される薬は、精神を安定させて気持ちを

 

穏やかにする作用のある薬を使用します。

 

メイラックスという薬がありますが、メイラックスは即効性

 

と言うより何となく楽になったなあという感じがする薬に

 

なります。

 

 

 

不安障害では常に何か不安でたまらないという気持ち

 

もっています。

 

それを緩和して不安や緊張感を和らげるのがメイラックス

 

になりますが、最初は一錠で効果を感じていても次第に二錠

 

飲まないと不安障害の症状が表れるなど依存度も出てきます。

 

 

 

 

不安障害と言っても、パニック障害広場恐怖症対人恐怖症

 

社会的不安障害と細かく分類するとたくさんの症状があり、

 

その症状により処方される薬も異なってきます。

 

 

 

 

自分は不安障害があるかも知れないと思い、病院に行く際は

 

いつどのような時にどいうった症状が出るのかなどは、出来れば

 

メモを取るなどして医師に分かり易く説明出来るようにして

 

おくと、処方する薬や量などを決める際にも役に立ちます。

 

 

また早期改善にも繋がります。

TOPへ