社会的不安障害者が就職につくには大きな壁がたくさん

 

 

 

 

 

■更なる不安の原因■

 

 

 

社会的不安障害者が就職につくには大きな壁がたくさん

 

あります。

 

 

 

就職を探す時に、履歴書に不安障害有りと正直に自ら

 

書く人はいないでしょう。

 

 

 

 

しかし、自分は人には言えないが不安障害者であると

 

心の中で思いながら就職先を探している人も多いはず。

 

ただでさえ就職難な現在で、不安障害を持ちながら

 

就職を探すには時間が掛かります。

 

 

 

その為、この会社の面接を受けて見たいと思っても

 

不安障害の事が頭をよぎり、就職に辿りつけない

 

ことも有ります。

 

 

 

 

昔に比べ、精神障害や不安障害に対する認知度は高くなり

 

ましたが、いつ長期休暇など仕事面でマイナスになり得る

 

要素を持った不安障害者を積極的に雇う企業は正直

 

ありません。

 

 

 

 

何もない健康な人でも就職する事が困難な現在において、

 

不安障害を持った人が就職を探すには、症状を改善出来る

 

方法を医師と話し合う事も必要です。

 

 

 

不安障害を治してから就職活動を行うのが一番良いのかも

 

知れませんが、そう簡単には考えられない個人個人の生活や

 

現実もあります。

 

 

 

そういった事を考えていると、就職に対する不安やこれからの

 

事への不安など症状を悪化させてしまう原因にもなります。

 

 

 

心の奥深い部分に根付いている何かが不安障害を引き起こす

 

原因となっているのでしょう。

 

 

 

 

これから仕事をしようと思っている人は、カウンセリングなども

 

有効な手段になると思います。

 

薬は一時的に症状を和らげる事は出来ますが、そういう障害に

 

なった根源にはたどり着きません。


TOPへ