対人恐怖症で処方される薬

 

 

 

 

 

 

対人恐怖症と病院で診断された場合、多くのケースで

 

が処方されるでしょう。

 

 

 

処方される薬については、パニック障害やうつなどと

 

類似すると思われます。

 

 

 

いわゆる抗不安薬の意味合いが強いと思われます。

 

 

 

対人恐怖症であっても、パニック障害であっても不安な

 

気持ちを抑える事で症状を弱める事になります。

 

病名は対人恐怖症であっても、パニック障害であっても

 

その不安を抑える為の薬を処方されると思って良いでしょう。

 

 

 

 

神経的な病気の場合は、神経を正常にする薬を長い間

 

飲むことになります。

 

 

 

 

対人恐怖症の場合でも、対人状況に出る不安感を抑える為の

 

薬を飲むことによって、不安を抑える事で改善に向かわせます。

 

処方される薬は医師や症状により変わると思われますが、

 

うつ病でも対人恐怖症でも同じ薬が処方されるケースは

 

大部分考えられます。

 

 

 

例えば、パキシルという抗うつ薬があります。

 

 

パキシルは脳内のセトロニンという伝達物質を、正常に脳に

 

送る為の薬と分かり易く言えばされています。

 

 

 

 

うつ病の場合も対人恐怖症の場合も、原因は違えど脳内に

 

起こっている異常は同じだとすれば、パキシルという薬を

 

対人恐怖症の患者さんに処方しても問題ないとされます。

 

 

 

同じパキシルでうつ病と対人恐怖症に差がある事は考えにくいです。

 

 

 

精神的に気持ちを楽にさせたり落ち着かせたりする事で、

 

対人恐怖症の症状を緩和させる事が目的となります。

 

 

 

 

ただ、対人恐怖症の症状が出た時に急にその薬を飲んで

 

すぐに効くと言うわけではなく、日頃から飲み続ける事に

 

より症状が出にくくなると思われます。


TOPへ