”うつ”を克服するために今出来ること

不眠のタイプによって改善の方法も違う!?

 

 

 

 

 

不眠のタイプによって改善法も違う!?

 

 

 

不眠症を改善する方法は、いくつかありますが、不眠を
改善するにあたって、まず最初にやらなければいけない
ことは、自分の不眠がどういった種類のものであるのか
を知ることです。

 

 

 

といいますのも、一口に不眠と言っても、いくつか種類
がありまして、改善の為の方法も、不眠の種類によって
変わって来るからです。

 

 

不眠の種類によって、改善の方法も異なる

 

 

 

今の自分の不眠が、どの種類のものであるのかを知って
おけば、どう対処すればいいのか、その改善法もわかり
ます。

 

 

 

不眠改善のためには、自分の不眠を理解する。

 

 

 

一般的に不眠の種類は4つあると言われている。

 

 

 

 

 

不眠を改善するために不眠の種類を知る@  

 

 

入眠障害

布団に入ってもなかなか寝付けない。実際に眠れるまでに、1時間近くもかかってしまう。

 

 

 

 

 

不眠を改善するために不眠の種類を知るA   

 

 

中途覚醒

 

眠りについても、夜中に頻繁に目が覚めてしまう。眠りが浅く何度も目が覚めてしまうこのタイプは、お年寄りに比較的多い。

 

 

 

 

不眠を改善するために不眠の種類を知るB 

 

早朝覚醒

 

自分が起床したいと考えている時間よりも、早く目が覚めてしまう。お年寄りなどは、夜遅くまで起きていることがきつくなってくるために、早く床につくようになる。そのため起床時間も早くなってしまう。”うつ”患者にもこの種類の不眠が多い。

 

 

 

不眠を改善するために不眠の種類を知るC 

 

熟眠障害

 

この種類の不眠は、睡眠時間は十分足りているのに、ぐっすりと眠れたという、満足感が得られない。疲れが取れない。眠りの浅い睡眠です。睡眠時無呼吸症候群の疑いもあるので注意が必要です。

 

 

 

 

 

不眠の改善には、まず自分の不眠の種類が、上記のどの
タイプになるのか、それを確認しなくてはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

不眠のタイプによって改善の方法も違う!?関連ページ

超簡単!バナナで”うつ”の不眠が治る?
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
自分で出来る、超簡単”うつ”不眠改善法
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
不眠の種類で睡眠薬が効かない
睡眠薬の主な効果は、睡眠時の緊張や不安を取り除き、寝付きを良くする作用がある。 ですが睡眠薬の使用方法を一歩間違えると社会生活が通常におくれなくなります。
うつ病と睡眠障害は”1セット”

トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法