不眠の種類で睡眠薬が効かない

不眠の種類で睡眠薬が効かない

 

 

 

不眠の種類で睡眠薬が効かない

 

 

 

眠れない夜は時計の秒針が怖くなる、という気持ちをし

 

た事があるでしょうか?

 

そういった時には、色々と生活レベルで改善したいので

 

すが、どうしも対策がない時の最終手段は睡眠薬に頼る

 

のも手です。

 

 

 

 

 

睡眠薬の主な効果は、睡眠時の緊張や不安を取り除き、

 

寝付きを良くする作用がある。ですが睡眠薬の使用方法

 

を一歩間違えると社会生活が通常におくれなくなります。

 

 

 

 

 

 

重度の服用はもちろん体に良くありませんし、睡眠薬は

 

仮眠などの為に気軽に使用してはいけません。

 

夜中に途中で目が覚めて睡眠薬を飲むのもダメです。

 

 

睡眠をとる時にしか使えないのが前提です。

 

 

 

 

 

では何故眠れないことが起きてしまうのか、簡単に例を

 

挙げて見ます。

 

 

 

睡眠を取ることそのものにプレッシャーがあること、生

 

活リズムの乱れ、嗜好品の摂り過ぎ、精神疾患などが挙

 

げられます。こういった方が睡眠薬を服用していく傾向

 

がありますが、ある時を境に睡眠薬が効かないことも出

 

てくると思います。

 

 

 

 

 

 

そこで睡眠薬が効かない状態になる原因を挙げていきます。

 

 

 

一つには、うつ病の可能性がある場合は効かない事が多

 

いようです。次に挙がるのが、睡眠薬を長期的に服用す

 

る事で、体に睡眠薬に対する抗体が生まれて効かない状

 

態が出来てしまうというケースです。

 

 

 

 

 

 

こういう時には、薬が効かないと思って大量に飲むので

 

はなく、何故効かないのかを思考して良心的な医師に

 

相談する事をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

医師によっては、ただ睡眠薬を渡して診断を終える人も

 

いるので、しっかりと医師も選んでください。

 

 

 

 

 

薬が効かない要因の一つにも、その症状に向いた薬を処

 

方されていないケースもあり、ショック性の不眠や、

 

うつ病の不眠は種類が違うので効かないのです。

 

なので薬が効かないと思ったら医師に相談して、効かな

 

い薬を飲み続けるのではなく、自分の症状にあった

 

効く薬を処方して頂きましょう。

スポンサーリンク

 

不眠の種類で睡眠薬が効かない関連ページ

不眠のタイプによって改善の方法も違う!?
”うつ”と世間と闘う記録
超簡単!バナナで”うつ”の不眠が治る?
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
自分で出来る、超簡単”うつ”不眠改善法
”うつ”を克服するために、一体私は何をすればいいのか?なにをしてやれるのか?
うつ病と睡眠障害は”1セット”

トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法