休職はうつの特効薬!?

休職はうつの特効薬!?

 

 

 

 

休職はうつの特効薬!?

 

 

 

 

 

 

うつと診断されたのち、もし働いていた場合どうすれば

 

よいでしょうか。薬を飲みながらそのまま働くか、休職

 

するか悩む人も多いと思います。

 

 

 

 

 

私の知り合いのAさんは、うつ病と診断された後、会社

 

と相談したところ業務を大幅に軽減してもらう事ができ、

 

休職せずにそのまま働き続けていました。

 

 

 

 

 

 

しかし、自分の代わりに業務をしている上司に申し訳な

 

いという気持ちが強くなり結局休職する事になりました。

 

休職する頃には以前より不眠がちで、食欲もなくなり、

 

本人もうつが進行したという自覚を持っていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

うつの思考面の特徴の一つに、微小妄想がありますが、

 

これは自分を低く評価し、すべてのものを悲観的にとら

 

えがちな状態になります。

 

 

 

 

 

 

 

うつを発症していたAさんは、普段以上に、業務を減ら

 

してもらった自分を過小評価し、仕事を減らしてもらっ

 

た自分の境遇を悲観したと思われます。

 

 

 

 

 

 

 

 

では、うつ発症後休職を選択していればどうだったでし

 

ょうか。休職せざるを得ない状況を悲観する事は大いに

 

考えられますが、少なくともそれ以外のストレス(例え

 

ば時間通りに会社に行かなくてはならない、与えられた

 

業務をこなさなければならないなど)は大幅になくなり

 

ます。

 

 

 

 

 

 

 

うつは意欲・行動にもその影響を及ぼすため、何かをす

 

る事に大変な努力が必要になります。会社に通うという

 

事自体がかなりのストレスになってしまうのです。

 

 

 

 

 

 

 

うつで休職する事を周りに知られたくない思いは強いと

 

思いますが、休職し日々のストレスを減らす事自体がう

 

つ症状軽減という意味で有用だといえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事が原因でうつになってしまった場合は、一度休職し

 

リフレッシュしてから復帰する方がうつ症状を回復させ

 

る近道だといえるでしょう。お医者さんも休職を進める

 

ことが圧倒的に多いです。

 

スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法