鬱病になりやすい職種があるってホント!?

 

 

 

 

 

鬱病になりやすい職種というのがあるのでしょうか?

 

鬱病は個人の持つ性格によりなる事がが多いと一般的には

 

理解されていますが、なりやすい性格だけでは片付けられないと思われます。

 

 

 

 

その個人の性格も当然ありますが、家庭環境や育った背景なども

 

起因となる場合があります。

 

 

 

では仕事はどうでしょうか?

 

 

 

仕事の事で思い悩んでというケースも当然事例的には多いですが、

 

職種自体にうつ病に職業もある様です。

 

 

 

 

システムプログラマーやエンジニアなど、パソコンにひとりで長時間向かう仕事

 

世界共通どこでも同じで、ひとりで閉じこもりがちになるので鬱病に

 

なりやすいと言われています。

 

 

 

他では少し意外なようですが、人と接する仕事をする人が意外と

 

鬱病になりやすいと言われています。

 

 

 

 

例えば接客業や営業そして、病院勤務などいつも人と笑顔で

 

接しているよ様な職種の人が意外と鬱病になりやすいと言われているのです。

 

意外と言えば語弊があるかも知れません。

 

 

 

 

しかしそれだけ人と接する事を仕事としている人が、どれだけ心を

 

すり減らして仕事をしているのか、または向き合って葛藤しているのかが

 

見える様な気がします。

 

 

 

 

また自殺者の中で学校の教諭という名前が出てくる様に、学校の先生

 

鬱病になりやすい職種と言われています。

 

 

 

 

やはり人と接するという事では、学校の先生という職種は自分の方針で

 

人と接する訳ではないのでそのギャップが苦しいのでしょうか。

 

 

 

 

特に学校の先生は健全なイメージを保たなければいけないし、

 

世間体も気にしなければいけません。

 

 

 

そんな中であらゆる子供の問題や親との問題など様々な要因があり、

 

鬱病に悩まされ中には自ら命を立つ人が近年増えているという事を

 

仕方がないという言葉だけで見過ごしてはいけないと思いました。


TOPへ