対人恐怖症に近い形で、視線恐怖症があります

対人恐怖症に近い形で、視線恐怖症があります

 

 

 

 

 

対人恐怖症に近い形で、視線恐怖症があります。

 

 

 

視線恐怖症は周りの目が気になる、いつも自分が見られて

 

いるのではないかという症状があり、自分の目の前の事に

 

集中出来ないケースが多いようです。

 

 

 

視線恐怖症は多くの場合で、自分に劣等感を強く持って

 

いる人が多く、見た目などを気にしてしまい周りの人から

 

笑われているのではないかなどの気持ちを抱いてしまいます。

 

 

その為視線恐怖症になると、人に見られない様な行動を取って

 

しまい、帽子にめがねなど顔を隠すような格好をしてしまうのも

 

視線恐怖症の特徴です。

 

 

 

視線恐怖症になる原因としては人によい違いますが、過去に

 

自分の容姿などをバカにされたりした場合がきっかけとなる

 

事もあります。

 

 

その事が発端となり、周りの目を気にせずにはいられない

 

様になってしまい視線恐怖症となってしまいます。

 

 

 

しかし誰もが視線恐怖症になる要素は持っていると

 

思います。

 

 

 

周りの人より太っている、身長が小さいなど体型的な事で

 

話のネタなどにされると心の中にその劣等的な要素が

 

潜んでしまい、やがて視線恐怖症へと発展していく事もあります。

 

 

 

視線恐怖症と診断されるまでになってしまうとかなり重症かと

 

感じます。

 

 

 

一度視線恐怖症になると、中々治すのは難しいとされています。

 

 

 

薬などによる治療では治りにくい為、カウンセリングなどが

 

効果的な治療になります。

 

 

 

 

また特に、中学生高校生などの思春期にあたる時期に

 

外見などをバカにされた場合、大きな心の傷をおってしまい

 

視線恐怖症になる可能性は大きいと思われます。


スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法