視線恐怖症と診断されても最終的には心のケアが大事

視線恐怖症と診断されても最終的には心のケアが大事

 

 

 

 

 

 

自分が視線恐怖症や対人恐怖症ではないかと不安になり、

 

自己診断を自分でやってみようと思ったら、すでに視線

 

恐怖症予備軍かも知れません。

 

 

 

視線恐怖症の自己診断をインターネットなどで行う場合が

 

多いかと思いますが、そこでは正直にチェック項目を埋めて

 

いかないと正しい視線恐怖症の診断は出来ません。

 

 

 

インターネットでの自己診断結果をもとに病院での診察を受ける場合は、

 

その診断結果を医師に伝えるのもありだと思います。

 

 

 

 

ただ病院でも同じような質問などをされ、最終的に視線恐怖症だと

 

診断結果が出ると思われますが…。

 

視線恐怖症の診断が下されるとそこからは医師の判断により薬が

 

処方される場合もあります。

 

 

 

 

ただ、視線恐怖症の場合は、他人の視線に過剰に反応する神経症に

 

なるので薬で完治する事は望まないほうが良いと思います。

 

 

 

なぜなら、視線恐怖症を始めとする社会不安障害は根が深く

 

人それぞれ異なる奥深い理由が原因で症状が出る事が多いからです。

 

 

 

肝臓に疾患がある! など、身体のどこかにハッキリとした疾患を

 

検査の結果、診断されたのであれば投薬などにより完治に向かわせる

 

方法もありますが、視線恐怖症と医師に診断されても薬で治す事は

 

出来ません。

 

 

 

 

診療内科においての診断結果は、あくまで医師の経験やこれまでの

 

例に基づき下される診断結果であり、科学的根拠は証明出来ません。

 

 

 

これは視線恐怖症だけだはなく、うつ病なども同じで心の病気で

 

ある以上は心をケアする方法しかないと思われます。


スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法