自己視線恐怖症の原因は自意識過剰

自己視線恐怖症の原因は自意識過剰

 

 

 

 

 

 

自己視線恐怖症になる原因は色々あります。

 

まず、誰かと話している時など日常生活の中で視線や目つきを

 

悪く指摘されたりするのも自己視線恐怖症になる原因になります。

 

 

 

 

その他に自己視線恐怖症になる原因としては、悪い言葉に聞こえますが

 

自意識過剰です。

 

 

 

 

自己視線恐怖症や対人恐怖症においては、自分の行動や視線全てが

 

相手に対して影響を及ぼしているという錯覚を起こします。

 

 

 

その事が原因で人の視線が極度に気になりだしたというケースも

 

あるでしょう。

 

 

 

 

逆に言えば、相手の行動や発言は自分に対しての事だと決めつけてしまい

 

良い事も悪い事も原因は自分にあると思ってしまうのです。

 

 

 

 

また、自己視線恐怖症になると極度に相手の行動や発言が気になり、

 

自分がどの様に思われているかを知りたくなります。

 

 

 

こういった事は誰にでも潜在的にあるものですが、何かをきっかけに

 

自己視線恐怖症の原因になる事もあります!

 

 

その多くは学校や会社などのケースが多いと思われます。

 

 

 

 

会社で言えば、周りの人に嫌われたくないという想いから、相手に

 

合わせた発言や行動を行いがちです。

 

 

 

自己主張など全くしなくなり常に相手の顔色をうかがいながら過ごしていく

 

事が、自己視線恐怖症の原因になる事があります。

 

 

 

自己視線恐怖症や対人恐怖症になる原因はひとつのきっかけの

 

場合もありますが、大抵は複数の原因が重なり合い自己視線恐怖症に

 

なる場合が多い様です。

 

 

 

たまたまという言葉の通り、たまたまそのタイミングで相手を見たら

 

自分が嫌われる原因となった。

 

など、自分が想定していなかった事が原因となり自己視線恐怖症などに

 

なってしまったという事もざらではありません。

 

 

 

 

また、育ってきた環境や親にケースがあり自己視線恐怖症になる場合も

 

あるので、自分の視線が周りに影響を与えていると思う事があるなら

 

一度自己診断をすると良いかも知れません。


スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法