電車は視線恐怖症にとって怖いもの

電車は視線恐怖症にとって怖いもの

 

 

 

 

 

 

 

視線恐怖症の人にとって、大勢の人がいる場所は

 

一番の難敵になります。

 

 

 

多くの人がいると言う事は、それだけの視線があると

 

言う事になり視線恐怖症患者にとっては辛い場所でも

 

あります。

 

 

 

 

特に電車は視線恐怖症の人にとっては一番辛いかと思われます。

 

朝の通勤ラッシュで乗る満員電車であれば尚更多くの視線に

 

震える事になるでしょう。

 

 

 

視線恐怖症であっても電車を利用しなければ、人通りの少ない

 

道を選んだりとわずかながらでも人の視線を回避する方法は

 

あります。

 

 

 

しかし、電車は同じ空間内に多くの人がいて目的地まで

 

その空間を共にしなければなりません。

 

 

 

この人の視線を回避する事が出来ない電車は、視線恐怖症の

 

人にとっては大きな問題になります。

 

 

視線恐怖症になり長く会社を休んだりしている人の中にも、

 

通勤時の電車が無理で会社に行けなくなった人もたくさん

 

います。

 

 

 

 

電車以外の通勤方法を見つけられるのなら良いですが、都市の

 

規模が大きければ大きいほど交通の発達は進んでおり、電車でも

 

地下鉄なども含まれて来る為、視線恐怖症の人にとっては

 

辛い時間となります。

 

 

 

 

また視線恐怖症の人に多いのが、電車内など人の視線が多い場所では

 

帽子を深く被ったり、髪を顔の前方に集めて視線を感じないように

 

する人も大勢います。

 

 

 

 

しかし逆に、視線恐怖症を克服して行く過程でそういう大勢の

 

人がいる場所で、徐々に視線慣れたり実際には誰も自分の事なんか

 

見ていないなどと認識する場合など、視線恐怖症克服訓練を

 

する場合にも電車などは利用します。

 

 

 

 

今自分で何も感じていなくても、電車内での人の視線が過度に

 

気になり呼吸が乱れたりする事があると言う人は一度自分を

 

疑ってチェックして見る事が必要かも知れません。


スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法