それは”うつ”じゃない!気分変調症かも!?

それは”うつ”じゃない!気分変調症かも!?

うつ,気分変調症

 

 

 

 

それは”うつ”じゃない!気分変調症かも!?

 

 

 

気分変調症

 

 

 

気分変調症とは、”うつ”にとてもよく似た疾患で、”
うつ”と同じように、気分の冴えない”うつ”気分が、
1日中続いている状態の症状です。

 

 

 

わかりやすく言うと、明確に躁状態ではない、”うつ”
症状であるが、大うつの症状の基準に達していない気分
障害ということ。まあ、軽めの”うつ”ということにな
るのでしょうか。

 

 

 

だったら軽度の”うつ”でいいとも思うのですが、とに
かくこのように定義されているようです。

 

 

 

気分変調を英語にすると、Dysthymia。Dysは不調という
意味であり、thymiaとは、不安や焦燥、抑うつなど、不
快な気分を表現する時の言葉です。

 

 

 

気分変調症という言葉は、以前から日本で使用されてい
たわけではなく、以前は「抑うつ神経症」「神経性うつ
病」などと言われていて、病気というよりも、性格的な
問題
と考えられていたようです。

 

 

 

 

 

気分変調症は、”うつ”に非常に良く似ているが、症状として、

 

 

 

「いつも落ち込んでいる」

 

「”うつ”より症状が軽い」

 

「”うつ”よりも期間が長い」

 

 

という点が、”うつ”と違う為、”うつ”とは別の病気
であると区別されています。

 

 

 

 

”うつ”の診断は、専門の医師ですら難しいといいます
が、特にこの気分変調症は判断が難しいのではないかと思います。

 

 

 

当初”うつ”と診断され、軽症の”うつ”が続いている
と思われていたら、実は気分変調症だったと気づき、通
院中に、病名が変わる事もよくあると聞きます。

 

 

 

 

気分変調症は、その発症があまりはっきりしてものでは
なく、長期に渡り潜伏しているような感じになるので、
本人が異変に気づくのが遅くなる傾向があり、発症して
から、受診するまでにかなり長い時間がかかるといわれ
ています。

 

 

 

中には、発症してから10年近くかかってやっと受診し
てきたという、患者さんもいるほどです。微妙な病気で
すから、本人も周りの人も、病気というより、性格的な
問題と考えてしまうのかもしれません。

 

 

 

 

このように、なかなか気づきにくい気分変調症ですから、
実際通院している人よりも、かなり多くの人が、この気
分変調症に罹患していると考えられています。

 

 

 

また、”うつ”と診断されて通院している人の中にも、
実は”うつ”ではなく、気分変調症であるという人も、
かなりの数になるのではと予想されています。

 

 

 

 

気分変調症の発症年齢の傾向

 

 

 

20歳前後の若い年齢ではなく、20代から30代が中
心になるようで、やはりこの気分変調症も、男性に比べ
て女性の方が発症率は高くなる傾向のようです。気分変
調症もまた、遺伝することが良くあると言われています。

 

 

 

 

 

気分変調症の特徴的な症状とは?

 

 

 

長期に渡る軽めの抑うつ状態。

 

日常生活において、何も楽しめない。

 

いままで楽しめていた趣味などにも興味がなくなった。

 

過食あるいは、食欲不振

 

倦怠感がある

 

睡眠は、不眠であるか過眠のどちらか

 

自分の無価感、自信喪失

 

自己嫌悪がある

 

絶望感がある

 

集中力、決断力の低下

 

 

 

上記の症状のうち、2つ以上の症状が、2年以上の長期
に渡って、毎日常にある。一日のうちでは、午前中より
も午後からのほうが、症状が悪化する傾向がある。

 

 

 

長い人だと、生まれてから今までずっと気分変調症だっ
たという人もいると言うから驚きです。

 

 

 

生まれてからずっと何をしても楽しくなく、憂うつで疲
れやすい、眠れないなどの症状があっても、これは生ま
れつきの性格の問題だと考えてしまうために、見落とさ
れやすい病気なのです。

 

 

 

上記のような症状が、以前から常にある、という人は、
性格的な問題ではなく、見落とされている気分変調症で
ある可能性が高いので、受診されることをおすすめしま
す。気分変調症は、抗うつ薬が効く場合も多いといわれ
ています。

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク

 

それは”うつ”じゃない!気分変調症かも!?関連ページ

”うつ”と不眠の意外な関係とは!?
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ”はどのように進行する?
”うつ”と世間と闘う記録
こどもの”うつ”が見逃されたわけ
”うつ”と世間と闘う記録
大人のうつ病と子供のうつ病の違い
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ”の一般的なサイン
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ”のサインの実際
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ”を理解するには?
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ”と子供の自殺
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ” 体にあらわれる症状
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ”は治ってもまた再発する?
”うつ”と世間と闘う記録
喜ばしいことでもストレスとなり”うつ”になる?
”うつ”と世間と闘う記録
子どもの”うつ”の特徴
”うつ”と世間と闘う記録
"うつ” 4つのタイプ
”うつ”と世間と闘う記録
メランコリー型”うつ”
”うつ”と世間と闘う記録
メランコリー型”うつ”の症状
”うつ”と世間と闘う記録
仮面うつ病
”うつ”と世間と闘う記録
子どもの”うつ”心の叫び
”うつ”と世間と闘う記録
子どもの”うつ”増加と共働きの関係?
”うつ”と世間と闘う記録
一生薬を飲み続けなければならない!?”うつ”再発の現実とは?
”うつ”と世間と闘う記録
ほとんどの人が知らない!?”うつ”は誤診されやすいという現実
”うつ”と世間と闘う記録
皇太子妃が実は”うつ”だった可能性!?
”うつ”と世間と闘う記録
驚き!人間以外の動物にも”うつ”がある!?
”うつ”と世間と闘う記録
大うつと小うつの違いとは?
”うつ”と世間と闘う記録
複雑な”うつ”の症状をもっとわかりやすくできないか?
”うつ”と世間と闘う記録
誰も知らない?”うつ”と風邪の以外な関係!?
”うつ”と世間と闘う記録
女性が”うつ”になりやすい その本当のワケとは?
子どもが”うつ”になったら、学校はどうすればいいの?
なぜ?”うつ”患者が急激に増加した理由とは?
”うつ”と世間と闘う記録
欧米に比べ、”うつ”の少ないアジア人の謎とは?
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ”の薬が患者を増やしたという驚くべき事実
”うつ”と世間と闘う記録
抗うつ薬で子どもが自殺するという衝撃的な事実とは?
突然の頭痛、”うつ”かもしれません!
”うつ”と世間と闘う記録
なんと非情な!”うつ”になったら離婚も解雇もやむなしなのか?
診断を間違えると治らない!?”うつ”と気分変調症の違いとは?
自律神経失調症、治らないなら、それは仮面うつ病かもしれない!?
不安神経症 ”うつ”と間違えやすい病気を知っておく。
インターネットが”うつ”を誘発するという驚きの研究結果が発表!
やっぱりそうか!労働時間が長いほど”うつ”になるリスクが高まる!?
”うつ”は、どうやら本当に遺伝するらしい!?
子どもの”うつ”の原因が親にあるかもしれない!?
親が”うつ”であれば、子どもの感情面に問題が生じる リスクが高まるという。もし今自分の子どもの感情面に、 何らかの問題があるなら、もしかすると自分か、配偶者 のどちらかが、”うつ”である可能性があるということだ。
心療内科と精神科、”うつ”になったらどっちを受診するのか?
簡単にわかりやすく言えば、心療内科は身体症状が主で ある場合に診て貰うところ。精神科は心の症状が主であ る場合に診て貰うところ。と言えばいいでしょうか。
インターネットの使い方で”うつ”になりやすいかが分かる!?
”うつ”になりやすい人は、普通の人とは違ったイン ターネットの使い方をするという
ついに”うつ”の遺伝子が発見される!?
以前から、”うつ”は遺伝により発症することがあると いわれているが、その場合の”うつ”の遺伝とは、”う つ”になりやすい傾向のある性格、まじめで、几帳面、
子どもが”うつ”になってしまったら、まずなにをするの?
約2万人の子どもを調査した、ある研究では、小中学生 の約2.5%が”うつ”を発症していたという。
誰も分かってない!”うつ”患者に言ってはいけない言葉
”うつ”の人 に言ってはいけない言葉は、なにも特別な言葉じゃなく、 ”うつ”じゃない人に対しても、言ってはいけない言葉 だ。
”うつ”の自殺願望を減らす効果が再発見!
”うつ”治療薬のリチウムに、自殺願望を大幅に減らす 効果があることが、最近の研究でわかったという。
なぜ”うつ”は不眠になるのか?
うつ”と不眠の詳しいメカニズムを 知る人はあまりいません。なぜ”うつ”になると不眠に なってしまうのでしょうか?
”うつ”で頭痛に、頭痛で”うつ”になる!?
朝起きてすぐに頭痛があるなら、それは単なる頭痛では なく、”うつ”である可能性が約30%もありますから、 毎日続くようであれば、医療機関を受診したほうがよさ そうです。
シック・マザー、なんと子どもの中学入学までに40%も!
母親がシック・マザーになるのは、その負担と責任が大 きくのしかかっているから。
難しい!”うつ”の同僚への接し方
職場の同 僚にも”うつ”の同僚がいるという会社が増えてきた。 それに伴って、”うつ”の同僚にどう接していけばいい のかという、問題が増えてきている。
”うつ”を呼ぶ!”何もしない時間”は罪という意識
実は、”何もしない時間”というのは、無駄な時間でも なんでもなく、人間にとって価値のある、高度な精神作 業を行う、とても有意義な時間なのではないだろうか。
”うつ”の子どもが起こす暴力への適切な対処法とは?
”うつ”の子どものこのような暴力的な行動は、反抗期 によるものではありません、対処法が違いますから注意 が必要です。
医師でも判断が難しい”うつ”の復職のタイミングとは?
”うつ”の症状はさまざまで、個人個人で全く違ってきますから、 復職のタイミングは医師ですら迷うところです。
”うつ”で苦しんでいる彼女へのベストな接し方とは?
”うつ”と世間と闘う記録
"うつ”の家系というのがあるのか?
、双子の一方が”うつ”であった場合、もう一方の”うつ”の発症率 は約5割〜7割というデータもあることから、やはり”うつ”にかかりやす い家系というのはあるようだ。
治らないめまいはうつの可能性がある!?
”うつ”と世間と闘う記録
うつ病と抑うつ神経症は全然別物ってホント?
”うつ”と世間と闘う記録
心療内科や精神科が有効でないうつがある?頚椎性うつとは一体!?
”うつ”と世間と闘う記録
もしかして軽度うつ?こんな症状がでたら要注意!
最近増えている軽度うつとはなんなのでしょうか。何をしていても楽しくない、だるさが取れない、将来に不安を感じる、集中力が続かない、イライラするなど、誰もが生活していると一度は経験する事が実は軽度うつの症状である可能性があります
うつが伝染するメカニズム
うつが伝染するという話は耳にされたことがあるだろうか。家族がうつになり、しばらくすると他の家族に伝染した。
ストレス、吐き気の負のスパイラルって?
夏になると新聞の紙面をにぎわすニュースの一つに食あたりがあります。食あたりはひどい吐き気が必発ですが、本来吐き気は体の中に入った有害なものを、外に排出する為の防御機構です
吐き気とうつの密接な関係
うつにより吐き気がみられる患者さんは多くみられます。特に嫌な事を思い出したり、嫌な場面に出くわすなどの強いストレスを感じたときに吐き気を催します。
家族の大切さをお互い知る
鬱病を悪用した絶対にゆるせない詐欺行為
うつのイライラから暴力的になってしまうケース
うつは自覚する事が難しい病気です。
うつ病はいつも焦りを感じてしまう
気分の浮き沈みと鬱の関係
うつ病、電話相談を効果的に利用する。
うつで良くないのが思い込みです
うつはなぜ太るのか?
お風呂に入るのも面倒になったら“うつ”のサイン?
うつの相手はとても面倒

トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法