子どもが”うつ”になったら、学校はどうすればいいの?

子どもが”うつ”になったら、学校はどうすればいいの?

うつ,学校,子ども

 

 

 

 

子どもが”うつ”になったら、

 

学校はどうすればいいの?

 

 

親はもちろん心配ですが、

 

実際”うつ”になったら子どもは

 

学校なんて行ってられません。

 

現実問題として無理なんです。

 

 

 

子ども自身は、行く気はありますし、行こうとします。

 

でもどうしても体がついていけないんです。

 

すぐに体調が悪化して、保健室のお世話になります。

 

そして早退です。

 

 

 

無理して行ったとしても、

 

結局すぐに帰らざるをえなくなるし、

 

”うつ”は休養が第一ですから、

 

学校へ毎日通うのは

 

かえって”うつ”を悪化させてしまい、

 

早く治る可能性すらなくなってしまいます。

 

 

 

私の子どもは、

 

中学の1学期と3学期のほぼ全ての期間、

 

学校に行けませんでした。

 

 

 

もちろん出席日数は、

 

高校入試のときに大きく影響しますから、

 

毎日先生に5分程度、顔を見せに行くだけで、

 

出席扱いにしてくれます。

 

 

 

ですから、私の子どもの通知表の欠席日数はゼロでした。

 

これは、他の病気で学校を休まざるをえないときも使えます。

 

病院の帰りなどに、病気の報告がてら、

 

担任の先生に顔を見せるだけで、

 

その日出席したことになります。

 

 

とにかく”うつ”になってしまったら、休養

 

これしかありませんから、

 

無理に行かせようとしてはダメです。

 

 

 

本人が行かなきゃと思っているのは、

 

親が、「学校へ行かないと、みんなから遅れちゃうぞ、後で困るぞ」

 

なんて脅すようなことを言うからです。

 

 

「長い人生、まだ始まったばかり。ほんの数ヶ月学校に

 

行かなかったとしても、なんの問題もないよ」

 

 

これくらいのことを言ってあげましょう。

 

子どもが元気で生きていくこと

 

これが一番なんですから。

 

 

 

無理やり行かせて悪化させれば、

 

取り返しのつかないことにだってなりかねないです。

 

学業ももちろん大事ですが、

 

それよりも大事なのは、

 

その子ども自身ですよね?

 

 

 

”うつ”の状態がで学校なんか行っても、

 

何も出来ません。

 

病気なんですから。

 

しかも本人にしか理解できない苦しみで、

 

周りの同級生はまだ子どもです、

 

”うつ”という病気に理解なんて出来ません。

 

 

 

授業なんて、受けられないし、

 

成績も落ちてきます。

 

脳の機能が低下しているんですから、

 

仕方ないです。

 

 

 

行動も緩慢になりますし、

 

受け答えものろくなります。

 

いじめの原因になってしまいます。

 

ただでさえ”うつ”なんですから、

 

そのうえいじめになんてあってしまったら、

 

”うつ”をさらに悪化させてしまいます。

 

 

 

わけもなく登校拒否をしている子どもは、

 

決して”怠け”で行かないのではなく、

 

行きたくてもいけない、”うつ”状態である場合が多いです。

 

 

 

そういう子どもは、

 

学校に行けないことに、

 

罪悪感を感じ、

 

自分を激しく責めているものです。

 

 

 

そこへまわりの大人たちが、さらに、

 

「なぜ学校にいかないんだ」などと、

 

激しく攻め立てたら、

 

子どもはどうなってしまうでしょうか?

 

 

 

子どもが”うつ”になってしまった時、

 

周りの大人たちの対応で、

 

結果は全く違ったものになってしまうんです。


スポンサーリンク

 

子どもが”うつ”になったら、学校はどうすればいいの?関連ページ

”うつ”と不眠の意外な関係とは!?
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ”はどのように進行する?
”うつ”と世間と闘う記録
こどもの”うつ”が見逃されたわけ
”うつ”と世間と闘う記録
大人のうつ病と子供のうつ病の違い
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ”の一般的なサイン
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ”のサインの実際
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ”を理解するには?
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ”と子供の自殺
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ” 体にあらわれる症状
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ”は治ってもまた再発する?
”うつ”と世間と闘う記録
喜ばしいことでもストレスとなり”うつ”になる?
”うつ”と世間と闘う記録
子どもの”うつ”の特徴
”うつ”と世間と闘う記録
"うつ” 4つのタイプ
”うつ”と世間と闘う記録
メランコリー型”うつ”
”うつ”と世間と闘う記録
メランコリー型”うつ”の症状
”うつ”と世間と闘う記録
仮面うつ病
”うつ”と世間と闘う記録
子どもの”うつ”心の叫び
”うつ”と世間と闘う記録
子どもの”うつ”増加と共働きの関係?
”うつ”と世間と闘う記録
一生薬を飲み続けなければならない!?”うつ”再発の現実とは?
”うつ”と世間と闘う記録
ほとんどの人が知らない!?”うつ”は誤診されやすいという現実
”うつ”と世間と闘う記録
皇太子妃が実は”うつ”だった可能性!?
”うつ”と世間と闘う記録
驚き!人間以外の動物にも”うつ”がある!?
”うつ”と世間と闘う記録
大うつと小うつの違いとは?
”うつ”と世間と闘う記録
複雑な”うつ”の症状をもっとわかりやすくできないか?
”うつ”と世間と闘う記録
誰も知らない?”うつ”と風邪の以外な関係!?
”うつ”と世間と闘う記録
女性が”うつ”になりやすい その本当のワケとは?
なぜ?”うつ”患者が急激に増加した理由とは?
”うつ”と世間と闘う記録
欧米に比べ、”うつ”の少ないアジア人の謎とは?
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ”の薬が患者を増やしたという驚くべき事実
”うつ”と世間と闘う記録
抗うつ薬で子どもが自殺するという衝撃的な事実とは?
突然の頭痛、”うつ”かもしれません!
”うつ”と世間と闘う記録
なんと非情な!”うつ”になったら離婚も解雇もやむなしなのか?
診断を間違えると治らない!?”うつ”と気分変調症の違いとは?
自律神経失調症、治らないなら、それは仮面うつ病かもしれない!?
不安神経症 ”うつ”と間違えやすい病気を知っておく。
インターネットが”うつ”を誘発するという驚きの研究結果が発表!
やっぱりそうか!労働時間が長いほど”うつ”になるリスクが高まる!?
”うつ”は、どうやら本当に遺伝するらしい!?
子どもの”うつ”の原因が親にあるかもしれない!?
親が”うつ”であれば、子どもの感情面に問題が生じる リスクが高まるという。もし今自分の子どもの感情面に、 何らかの問題があるなら、もしかすると自分か、配偶者 のどちらかが、”うつ”である可能性があるということだ。
心療内科と精神科、”うつ”になったらどっちを受診するのか?
簡単にわかりやすく言えば、心療内科は身体症状が主で ある場合に診て貰うところ。精神科は心の症状が主であ る場合に診て貰うところ。と言えばいいでしょうか。
インターネットの使い方で”うつ”になりやすいかが分かる!?
”うつ”になりやすい人は、普通の人とは違ったイン ターネットの使い方をするという
ついに”うつ”の遺伝子が発見される!?
以前から、”うつ”は遺伝により発症することがあると いわれているが、その場合の”うつ”の遺伝とは、”う つ”になりやすい傾向のある性格、まじめで、几帳面、
子どもが”うつ”になってしまったら、まずなにをするの?
約2万人の子どもを調査した、ある研究では、小中学生 の約2.5%が”うつ”を発症していたという。
誰も分かってない!”うつ”患者に言ってはいけない言葉
”うつ”の人 に言ってはいけない言葉は、なにも特別な言葉じゃなく、 ”うつ”じゃない人に対しても、言ってはいけない言葉 だ。
”うつ”の自殺願望を減らす効果が再発見!
”うつ”治療薬のリチウムに、自殺願望を大幅に減らす 効果があることが、最近の研究でわかったという。
なぜ”うつ”は不眠になるのか?
うつ”と不眠の詳しいメカニズムを 知る人はあまりいません。なぜ”うつ”になると不眠に なってしまうのでしょうか?
それは”うつ”じゃない!気分変調症かも!?
気分変調症とは、”うつ”にとてもよく似た疾患で、” うつ”と同じように、気分の冴えない”うつ”気分が、 1日中続いている状態の症状です。
”うつ”で頭痛に、頭痛で”うつ”になる!?
朝起きてすぐに頭痛があるなら、それは単なる頭痛では なく、”うつ”である可能性が約30%もありますから、 毎日続くようであれば、医療機関を受診したほうがよさ そうです。
シック・マザー、なんと子どもの中学入学までに40%も!
母親がシック・マザーになるのは、その負担と責任が大 きくのしかかっているから。
難しい!”うつ”の同僚への接し方
職場の同 僚にも”うつ”の同僚がいるという会社が増えてきた。 それに伴って、”うつ”の同僚にどう接していけばいい のかという、問題が増えてきている。
”うつ”を呼ぶ!”何もしない時間”は罪という意識
実は、”何もしない時間”というのは、無駄な時間でも なんでもなく、人間にとって価値のある、高度な精神作 業を行う、とても有意義な時間なのではないだろうか。
”うつ”の子どもが起こす暴力への適切な対処法とは?
”うつ”の子どものこのような暴力的な行動は、反抗期 によるものではありません、対処法が違いますから注意 が必要です。
医師でも判断が難しい”うつ”の復職のタイミングとは?
”うつ”の症状はさまざまで、個人個人で全く違ってきますから、 復職のタイミングは医師ですら迷うところです。
”うつ”で苦しんでいる彼女へのベストな接し方とは?
”うつ”と世間と闘う記録
"うつ”の家系というのがあるのか?
、双子の一方が”うつ”であった場合、もう一方の”うつ”の発症率 は約5割〜7割というデータもあることから、やはり”うつ”にかかりやす い家系というのはあるようだ。
治らないめまいはうつの可能性がある!?
”うつ”と世間と闘う記録
うつ病と抑うつ神経症は全然別物ってホント?
”うつ”と世間と闘う記録
心療内科や精神科が有効でないうつがある?頚椎性うつとは一体!?
”うつ”と世間と闘う記録
もしかして軽度うつ?こんな症状がでたら要注意!
最近増えている軽度うつとはなんなのでしょうか。何をしていても楽しくない、だるさが取れない、将来に不安を感じる、集中力が続かない、イライラするなど、誰もが生活していると一度は経験する事が実は軽度うつの症状である可能性があります
うつが伝染するメカニズム
うつが伝染するという話は耳にされたことがあるだろうか。家族がうつになり、しばらくすると他の家族に伝染した。
ストレス、吐き気の負のスパイラルって?
夏になると新聞の紙面をにぎわすニュースの一つに食あたりがあります。食あたりはひどい吐き気が必発ですが、本来吐き気は体の中に入った有害なものを、外に排出する為の防御機構です
吐き気とうつの密接な関係
うつにより吐き気がみられる患者さんは多くみられます。特に嫌な事を思い出したり、嫌な場面に出くわすなどの強いストレスを感じたときに吐き気を催します。
家族の大切さをお互い知る
鬱病を悪用した絶対にゆるせない詐欺行為
うつのイライラから暴力的になってしまうケース
うつは自覚する事が難しい病気です。
うつ病はいつも焦りを感じてしまう
気分の浮き沈みと鬱の関係
うつ病、電話相談を効果的に利用する。
うつで良くないのが思い込みです
うつはなぜ太るのか?
お風呂に入るのも面倒になったら“うつ”のサイン?
うつの相手はとても面倒

トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法