対人恐怖症の症状について

対人恐怖症の症状について

 

 

 

 

 

■対人恐怖症の症状■

 

 

 

 

現代のストレス社会では様々な心の病と呼ばれるものが

 

あります。

 

その中の一つと言っても良いのが、対人恐怖症です。

 

 

 

 

対人恐怖症は神経系の病気と言われており、その症状

 

人に会う事や話したりする時に極度の緊張や恐怖感を

 

抱くと言われています。

 

 

 

 

対人恐怖症の身体に現れる症状としては、頭痛や動悸手足の

 

震えや息苦しさ変な汗をかくなどがあります。

 

こういった対人恐怖症の症状は、精神不安が大きい時に

 

出てくる事が多い様です。

 

 

 

 

こういった症状は、対人恐怖症だけでなくパニック障害などにも

 

見られる症状になります。

 

 

 

 

対人恐怖症の人は社会生活、いわゆる仕事の面でも症状が

 

対人状況で起こると仕事に支障をきたす事もあります。

 

 

仕事でも普段の生活でも対人状況はかならず発生します。

 

 

 

そんな当たり前にある状況の中で対人恐怖症の症状が

 

しょっちゅう起こると、本人も更に人に会うのを避けたり

 

するケースも起こり改善が難しくなります。

 

 

 

 

対人恐怖症は家族など親しい人間関係の中では症状が起こる事は

 

可能性は低く、外に出て人に対するときに症状を発する事が

 

ほとんどです。

 

 

 

小さい時から人前に立つと極度に緊張して言葉を発する事が

 

出来なかった人などは対人恐怖症への認識を持つ事が

 

必要かも知れません。

 

 

 

症状も前述した症状だけではないかも知れません。

 

 

 

対人恐怖症の主な症状の一般例として説明しましたが、

 

症状の出るタイミングや、症状の強さには個人差も

 

あると思われます。

 

 

 

 

思春期であれば、誰でもそういう緊張する傾向にあると

 

思われますが、大人になっても改善されない場合は

 

一度心療内科などを受診する事をお勧めします。


スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法