対人恐怖症は仕事に影響を及ぼすのか?

対人恐怖症は仕事に影響を及ぼすのか?

 

 

 

 

 

 

対人恐怖症の患者さんにとって、一番頭を悩ませるのが

 

仕事になります。

 

 

 

普段の生活なら、対人恐怖症であっても人に迷惑を掛けても

 

大した影響を及ぼす事は考えにくいですが、これが仕事と

 

なると結構深刻に考えると思われます。

 

 

 

 

仕事でも、工場などで機械を操作して一日終わるなどの

 

仕事であれば対人恐怖症の人でもそこまで影響はないでしょう。

 

 

しかし、同じ仕事でも対人状況が多く出てくるサービス業や

 

営業の仕事であれば対人恐怖症は深刻な問題です。

 

 

 

対人に対して、緊張してまったく話す事が出来なくなったり

 

頭がパニックになれば仕事が成り立たなくなる可能性が

 

あります。

 

 

 

 

仕事に就く前の若年から、対人恐怖症と分かっていれば

 

サービス業などの仕事に就く事は自分で避けると

 

思いますが、何かのきっかけで大人になってから対人恐怖症に

 

なった場合は生活に関わる大きな問題となります。

 

 

 

 

対人恐怖症に限らず、うつ病やパニック障害など

 

精神的な病気と呼ばれるものは、社会的には認知度が

 

高くなってきましたが実際の仕事場ではケガや他の

 

病気と比べて、病気と理解してくれるケースが少ない

 

いうのが現状です。

 

 

 

その為に自分が対人恐怖症である事を、会社で言えずに

 

対人恐怖症の症状が更に酷くなったり、うつ病などを

 

併発する可能性があります。

 

 

 

 

治療しながらの仕事を続けるしかなくなるのですが、

 

実際にそれだと早い治療の効果は期待出来ません。

 

 

 

対人恐怖症やうつ病などは、一度ある程度の期間を

 

自宅療養などで様子を見ながらの治療が効果的だと

 

思われます。

 

 

 

 

会社を長い期間休むのは誰も不安になりますが、

 

症状が重いと判断すれば決断も必要ではないでしょうか。


スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法