就職に対人恐怖症は不利なのか?

就職に対人恐怖症は不利なのか?

 

 

 

 

 

対人恐怖症やうつ病などの、神経症に悩む人にとって

 

一番の問題が就職だと思います。

 

 

 

対人恐怖症が原因で就職できるかが不安になります。

 

 

 

しかし対人恐怖症を含む社会不安障害の人が、就職できないと

 

言う事はありません。

 

 

 

もちろん対人恐怖症を克服して就職するのがベストかも

 

知れませんが、ケガなどと違いいつ治るか分からないのが

 

対人恐怖症です。

 

 

 

そのまま就職もせずに家でゴロゴロと過ごす事も出来ませんよね。

 

 

筆者もうつ病と長い付き合いになります。

 

もう10年以上です。

 

もちろん長く会社を休んだり、転職をした事もあります。

 

辞めた場合は再就職となるので、自分がうつ病である事を

 

深く考えます。

 

 

 

これは対人恐怖症の方でも同じだと思います。

 

 

 

就職に対してどうしても自分の中でネックになり

 

積極的になれません。

 

 

 

しかし、生活をする為には早く再就職をしなければと

 

いう気持ちと不安とが交錯してしまいます。

 

 

 

特に対人恐怖症の場合は、症状が対人状況で出てしまうと

 

いう就職をするには大変苦労すると思われます。

 

 

 

就職活動をする場合は、対人恐怖症である事を踏まえた上で

 

対人状況が少ない仕事を探す事を一番先にする事になるでしょう。

 

 

 

 

また、対人恐怖症他、社会障害などの神経症の人の為の

 

就職支援サービスも今は数多く存在します。

 

ネット上にもありますが、自治体単位でもあります。

 

 

 

 

対人恐怖症の人も、最近ではかなり多くなっています。

 

 

また対人恐怖症以外の神経症の人も多く、社会的認知度も

 

高くなっており、支援するサービスも増えています。


スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法