なぜ対人恐怖症になるのか? その原因について

なぜ対人恐怖症になるのか? その原因について

 

 

 

 

 

 

対人恐怖症は、別の言い方をすれば社会不安障害と

 

言われますがそもそもそうなる原因は何でしょうか。

 

 

 

対人恐怖症になる原因のひとつに親が社会的に

 

孤立しているケースが多いとされています。

 

 

 

親が近所や親戚との付き合いをしなければ、必然的に

 

人と接する機会は少なくなります。

 

そういった事だけではないとは思いますが、対人恐怖症の

 

原因と言われています。

 

 

 

 

対人恐怖症になる年齢的なものとしては、思春期の時期が

 

多いようで異性を気にし始める頃になります。

 

しかし、対人恐怖症になる原因はひとつやふたつではなく

 

複数の要因が重なり対人恐怖症という症状を生み出すと

 

言われています。

 

 

 

 

小さな原因が重なって関連性を持った時に対人恐怖症に

 

なると言われてます。

 

 

 

 

また普段の生活の中にも対人恐怖症となる原因、つまり

 

何かをきっかけにして対人恐怖症になる事も多くあります。

 

 

例えば、人前で思いもよらない大きな失敗や恥をかいて

 

しまい、それが原因でなるという事です。

 

それが、思春期であれば人前に出ることさえ嫌になるかも

 

知れません。

 

 

 

他の人にとっては何とも思っていなくても、恥をかいた

 

行動や発言が原因となり対人恐怖症になってしまいます。

 

 

 

 

仕事の場でも同じく、何か大きな失敗をしたなどの経験が

 

原因となり得ます。

 

 

 

他にも本人が持っている性格的なものも原因となり得ますし。

 

治療してよくなる事が一番ですが、中には対人関係を嫌い

 

職を転々とするケースもあるようです。

 

 

 

職場を変われば良くなるかは分かりません。

 

 

 

本質的な部分を改善、治療しなければ一生この病気と

 

付き合う事になります。


スポンサーリンク

 


トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法