”うつ”を克服するために今出来ること

”うつ”は治りかけに自殺する?それは本当なのか?

 

 

 

 

”うつ”は治りかけに自殺する?それは本当なのか?

 

 

”うつ”は十分に休養をとることによって徐々に回復し
ていきますが、注意しなくてはいけないのは、”うつ”
の治りかけの時の自殺の危険性です。

 

 

”うつ”という病にには、常に症状として自殺の危険性
があります。そして、周囲はおろか自分自身すら気づか
ずに、進行してゆくもので、リハビリが難しいという特
性があります。

 

 

”うつ”を軽く考えてはいけないのです。自殺の危険を
常に念頭におきます。

 

治りかけの時は、いろいろなことが良い方向に向かって
いると自覚できます。

 

ところがある地点にくると、それまでの回復のペースが
突然に落ちてしまい、しばらくそれ以上回復しなくなり
ます。

 

回復が横ばいになってしまうのです。このときに”うつ
”の患者は「もうこれ以上回復しないのではないか?一
生この状態のままなのではないか?」と不安になってし
まいます。自殺の危険は常にあるのです。

 

 

”うつ”が回復に向かう様子は、回復と停滞、そしてま
た下降と、上下に繰り返しながら、少しずつ上昇してい
くというイメージです。

 

ですから、大きな目で見れば回復に向かっていても、そ
の途中では停滞や下降もあるわけですから、そういった
時期に”うつ”の患者は「もうこれ以上治らない・・
と不安に襲われてしまうのです。

 

いつでも自殺に注意します。

 

 

この治りかけの時に周りの人が注意しないといけないこ
とは、回復の兆しが見えてきて”うつ”患者本人にも時
たま笑顔が見えるようになった、

 

 

だからもうこれで安心だ、治っていくんだと考えて、
「もうこれで大丈夫だね」「自分のことは少しはできる
ようになるね」などと言うことによって”うつ”患者に
プレッシャーを与えてしまうことです。

 

 

自殺の危険は未だ、いつでもありうる。

 

 

治りかけているとはいえ、まだまだ完全に治っているわ
けではありません。一時的に好調な姿をみて、もう大丈
夫だと安心してはいけません。

 

 

”うつ”患者は未だに苦しみの中にいるのです。自殺の
危険は消えていません。

 

 

この時期の不用意な言葉によって、「もうこれ以上長引
かせるわけには行かない、みんなに迷惑をかけられな
い」と焦り、自分にプレッシャーをかけてしまいます。

 

自殺の危険が高まります。

 

 

完全に回復するまで、社会に出ずにいることは逆に、社
会に対する恐怖を強め、社会に復帰できなくなる危険が
あると言われています。

 

ですので、回復してきたら、徐々に活動を再開していく
ほうがいいのです。

 

しかしここで周りの人たちが、これでもう大丈夫と思っ
て安心してしまうと、本人は今度は社会に出て活動を再
開してゆくという、新たな不安に襲われているわけです
から、意味もなく落ちこんでしまうこともあります。

 

 

周りが一番安心しているこのとき、自殺の危険が一番高
まるといわれています。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

”うつ”は治りかけに自殺する!?それは本当なのか?関連ページ

”うつ”の治療
”うつ”の治療中に「頑張れ」「そんなに落ち 込むな」などの叱咤激励は”うつ”患者には間違っても 言ってはいけません。本人は頑張りたいんです。
”うつ”克服のための「薬物療法」
”うつ”治療で薬物療法が 行われるのは、激しいうつ気分や、寝られないなどの症 状をやわらげ、くりかえすことが多いといわれる”うつ ”の再発を防止する為です。
”うつ”に効果のある自律訓練法
自律訓練法とは、ストレスなどからくる心身の緊張を緩 和するための、リラクセーション法の一つです。”うつ ”にも効果があることが分かっています。
”うつ”に効く、認知療法
認知療法では、私達人間の気分は、実際に起きた出来事 で決まるものではなく、その出来事をどうとらえるかに よって決まると考えます。全く同じ出来事であっても、 人によって、とらえ方は、違ってきます。
"うつ”の再発を予防する
”うつ”は早めの対応が再発を食い止める。”うつ”再発 のサインがあらわれたら要注意。
自分で出来る簡単”うつ”治療
すこしずつ”うつ”が回復し始めてきて、気分のいいと きなどは、積極的に運動をしたほうがいいです。”うつ ”治療は、体を動かすことによって、心も元気を取り戻 し始めます。
抗うつ薬と依存性
抗うつ薬の依存性などで、性格が変わってしまう ということもありません。抗うつ薬には依存性はありませんが、気持ちを高めたり、やる気を出させる作用があるため、怒りっぽくなったかな?と思われるときもある
"うつ”と家族の支え
メランコリー型”うつ”の治療法
”頑張れ”は”うつ”の治療にならない?
”うつ”を食事で治す
”うつ”と世間と闘う記録
薬物療法で治療できない”うつ”が出てきた!?
”うつ”と世間と闘う記録
なんと!青魚のオメガ3脂肪酸が”うつ”に効果あり!?
”うつ”と世間と闘う記録
運動で”うつ”を撃退する!?
”うつ”と世間と闘う記録
なんと!太陽の光りに”うつ”の薬効成分!?
”うつ”と世間と闘う記録
子どもが”うつ”になったら病院はどうするの?どこがいいの?
”うつ”と世間と闘う記録
自分を”うつ”だと思うと治らない!?
”うつ”と世間と闘う記録
意外と知らない?軽めの”うつ”なら運動で改善出来る!?
”うつ”と世間と闘う記録
不安だらけ、子どもの”うつ”へどう対処する?
”うつ”と世間と闘う記録
子どもの”うつ”治療、薬物使用に国が注意指示!?
”うつ”と世間と闘う記録
超画期的!ゲームで子どもの”うつ”を治療する!?
”うつ”と世間と闘う記録
漢方薬のみで”うつ”が治るのか?
”うつ”と世間と闘う記録
なんと!美容整形で”うつ”が治った?
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ”に効く食べ物とはなにか?
”うつ”と世間と闘う記録
セロトニン多くてもダメだった!?”うつ”治療
”うつ”と世間と闘う記録
ちょっと怖い!?電気でけいれん起こす”うつ”治療
”うつ”と世間と闘う記録
太陽の光が”うつ”を治療するという事実。
”うつ”と世間と闘う記録
"うつ”で食欲ないなら、いっそ断食で治療するのもアリ!?
”うつ”と世間と闘う記録
”神”が”うつ”を改善してくれる、奇跡のプログラムがあった!?
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ”で食欲がないのはホルモンが関係していた!
”うつ”と世間と闘う記録
"うつ”サプリメントで改善してみる
”うつ”と世間と闘う記録
副作用と無縁!?”うつ”を漢方薬で治療できるのか?
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ”  入院して治療すべき人とは?
”うつ”と世間と闘う記録
ご飯を食べない!?食事で”うつ”を根本から治療する新しい方法とは?
”うつ”と世間と闘う記録
セントジョーンズワートが“うつ”に聞くって本当!?
”うつ”と世間と闘う記録
抗うつ薬を飲むと気分が高揚する!?それって…
”うつ”と世間と闘う記録
抗うつ薬リタリンの不幸な歴史!?
リタリンは1957年にうつ病・迎うつ神経症に承認されて以来、50年に渡って抗うつ薬としてうつ病に使用されていた薬でしたが、2007年に難治性うつ、遷延性うつ病がリタリンの適用から外れる事になりました。つまり、抗うつ薬としてリタリンは役割を終えたことになったのですが
病院でリーマスが処方された!これって双極性うつ?単極性うつ?
もし病院でリーマス(リチウム)が処方されたときあなたはどう考えるでしょうか。リーマスに限らず、自分に処方されている薬を知るは不安を軽減する意味でも非常に大切なことです。
冬特有のうつの独特な治し方
漢方薬はうつ病対策の「救世主」となるか?
高校生のうつ病は家族の”絆”で無くそう
うつ病は人生の散歩なのかもれない
うつ病の薬は相性が全て、次はサインバルタでお試しを!
うつ病に自然と効いているパキシル、その効果は気づきにくい?
パキシルは子供への副作用を注意する
パキシルの劇薬指定についてのいくつかの疑問点
うつ病の最終兵器? エビリファイ
絵がうつ病治療のきっかけになる!?
うつ病 音楽も好きであれば薬になる?
うつ病の治療にクラシックのアルファ波は有効
うつ病の克服には何が必要なのか
”うつ”と世間と闘う記録
早期復帰に向けて整えて欲しい環境
薬のバランスは自分で考えるべきだ
鬱治療の幅を広げる
”うつ”と世間と闘う記録
鬱病治そうと思うなら人任せにしないこと
読書がうつの治療になる!?
うつ病と栄養ドリンク
ちょっとした外出も治療になるのか?
うつの人こそアウトドアで楽しむ
うつ病には亜鉛が欠かせない

トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法