”うつ”を克服するために今出来ること

太陽の光が”うつ”を治療するという事実。

 

 

 

 

太陽の光が”うつ”を治療するという事実。

 

 

 

”うつ”の中でも、秋から冬にかけて発症する”うつ”
のことを、冬季うつ病といいます。この”うつ”は冬に
発症し、春先になると回復するという、季節性うつ病で
す。

 

 

季節性うつは、この冬季うつのほかに、夏季に発症する、
夏季うつ病があります。

 

 

冬季うつ病は、通常の”うつ”と違い、精神的な問題が
あるわけではありません。ただ、この冬季うつ病は、一
度発症すると、毎年繰り返してしまう傾向があります。

 

 

この冬季うつ病は、比較的に軽い症状なので、発症して
も気がつかない人もいるようです。

 

 

また、気が付いても、比較的に症状が軽いために、回復
が期待される春先まで、我慢してしまうという人もいま
す。

 

 

冬季うつ病は、一日の陽が短くなり、日没が早くなるに
つれて、気分が落ち込んできてしまい、酷いときには、
何もやる気がしないという状態になってしまいます。
比較的に軽い”うつ”ですが、日常生活に支障をきたす
場合もあります。

 

 

冬季うつ病の症状の特徴としては、ゆううつな気分、過
食と眠気、そして、甘いものがほしくなるという特徴が
あります。

 

これらの症状は通常の”うつ”では現れにくい症状です
から、冬季うつ病に特徴的な症状と言えます。

 

 

 

 

”うつ”治療、太陽の光で、冬季うつ病を治療する!

 

 

 

秋から冬にかけて日照時間が短くなるにつれて、気分が
落ち込み、冬季うつ病を発症し、春先から夏にかけて、
日照時間が長くなり始める頃から、回復し始めるという
ことで、冬季うつ病の原因には、日照時間が大きく関係
していると考えられています。

 

 

日本列島で、太平洋側の地方と日本海側の地方を比べた
場合でも、より日照時間の短い、日本海側の地方の方が、
冬季うつ病を発症しやすいというデータもあります。

 

 

冬季うつ病は、日照時間が関係しているということで、
陽の光りの当たらない部屋で、長時間過ごした場合でも、
発症のリスクが高まるといわれています。

 

 

要するに、冬季うつ病は、太陽の光の不足により発症す
る、光不足”うつ”ということが出来そうです。

 

 

この太陽の光が不足すると、脳内にセロトニンが不足し、
また体内時計をつかさどる、メラトニンの分泌も狂って
しまい、その結果”うつ”を発症するという説もありま
す。

 

 

太陽の光りを浴びることは、”うつ”の治療になるとは
以前から言われていることです。

 

 

 

光治療、冬季うつ病を治療する

 

 

この治療は、もう言うまでもなく、ただ光りを浴びることで
す。光りの不足によって、冬季うつ病を発症しているわ
けですから、光療法という治療方法によって、治療して
いきます。

 

 

2500〜10000ルクスの光りを浴びる、光療法に
よる治療で、多くの冬季うつ病患者に、前向きな治療効
果があらわれたとの報告があります。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

 

太陽の光が”うつ”を治療するという事実。関連ページ

”うつ”の治療
”うつ”の治療中に「頑張れ」「そんなに落ち 込むな」などの叱咤激励は”うつ”患者には間違っても 言ってはいけません。本人は頑張りたいんです。
”うつ”克服のための「薬物療法」
”うつ”治療で薬物療法が 行われるのは、激しいうつ気分や、寝られないなどの症 状をやわらげ、くりかえすことが多いといわれる”うつ ”の再発を防止する為です。
”うつ”に効果のある自律訓練法
自律訓練法とは、ストレスなどからくる心身の緊張を緩 和するための、リラクセーション法の一つです。”うつ ”にも効果があることが分かっています。
”うつ”に効く、認知療法
認知療法では、私達人間の気分は、実際に起きた出来事 で決まるものではなく、その出来事をどうとらえるかに よって決まると考えます。全く同じ出来事であっても、 人によって、とらえ方は、違ってきます。
"うつ”の再発を予防する
”うつ”は早めの対応が再発を食い止める。”うつ”再発 のサインがあらわれたら要注意。
自分で出来る簡単”うつ”治療
すこしずつ”うつ”が回復し始めてきて、気分のいいと きなどは、積極的に運動をしたほうがいいです。”うつ ”治療は、体を動かすことによって、心も元気を取り戻 し始めます。
抗うつ薬と依存性
抗うつ薬の依存性などで、性格が変わってしまう ということもありません。抗うつ薬には依存性はありませんが、気持ちを高めたり、やる気を出させる作用があるため、怒りっぽくなったかな?と思われるときもある
"うつ”と家族の支え
メランコリー型”うつ”の治療法
”頑張れ”は”うつ”の治療にならない?
”うつ”を食事で治す
”うつ”と世間と闘う記録
薬物療法で治療できない”うつ”が出てきた!?
”うつ”と世間と闘う記録
なんと!青魚のオメガ3脂肪酸が”うつ”に効果あり!?
”うつ”と世間と闘う記録
運動で”うつ”を撃退する!?
”うつ”と世間と闘う記録
なんと!太陽の光りに”うつ”の薬効成分!?
”うつ”と世間と闘う記録
子どもが”うつ”になったら病院はどうするの?どこがいいの?
”うつ”と世間と闘う記録
自分を”うつ”だと思うと治らない!?
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ”は治りかけに自殺する!?それは本当なのか?
”うつ”と世間と闘う記録
意外と知らない?軽めの”うつ”なら運動で改善出来る!?
”うつ”と世間と闘う記録
不安だらけ、子どもの”うつ”へどう対処する?
”うつ”と世間と闘う記録
子どもの”うつ”治療、薬物使用に国が注意指示!?
”うつ”と世間と闘う記録
超画期的!ゲームで子どもの”うつ”を治療する!?
”うつ”と世間と闘う記録
漢方薬のみで”うつ”が治るのか?
”うつ”と世間と闘う記録
なんと!美容整形で”うつ”が治った?
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ”に効く食べ物とはなにか?
”うつ”と世間と闘う記録
セロトニン多くてもダメだった!?”うつ”治療
”うつ”と世間と闘う記録
ちょっと怖い!?電気でけいれん起こす”うつ”治療
”うつ”と世間と闘う記録
"うつ”で食欲ないなら、いっそ断食で治療するのもアリ!?
”うつ”と世間と闘う記録
”神”が”うつ”を改善してくれる、奇跡のプログラムがあった!?
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ”で食欲がないのはホルモンが関係していた!
”うつ”と世間と闘う記録
"うつ”サプリメントで改善してみる
”うつ”と世間と闘う記録
副作用と無縁!?”うつ”を漢方薬で治療できるのか?
”うつ”と世間と闘う記録
”うつ”  入院して治療すべき人とは?
”うつ”と世間と闘う記録
ご飯を食べない!?食事で”うつ”を根本から治療する新しい方法とは?
”うつ”と世間と闘う記録
セントジョーンズワートが“うつ”に聞くって本当!?
”うつ”と世間と闘う記録
抗うつ薬を飲むと気分が高揚する!?それって…
”うつ”と世間と闘う記録
抗うつ薬リタリンの不幸な歴史!?
リタリンは1957年にうつ病・迎うつ神経症に承認されて以来、50年に渡って抗うつ薬としてうつ病に使用されていた薬でしたが、2007年に難治性うつ、遷延性うつ病がリタリンの適用から外れる事になりました。つまり、抗うつ薬としてリタリンは役割を終えたことになったのですが
病院でリーマスが処方された!これって双極性うつ?単極性うつ?
もし病院でリーマス(リチウム)が処方されたときあなたはどう考えるでしょうか。リーマスに限らず、自分に処方されている薬を知るは不安を軽減する意味でも非常に大切なことです。
冬特有のうつの独特な治し方
漢方薬はうつ病対策の「救世主」となるか?
高校生のうつ病は家族の”絆”で無くそう
うつ病は人生の散歩なのかもれない
うつ病の薬は相性が全て、次はサインバルタでお試しを!
うつ病に自然と効いているパキシル、その効果は気づきにくい?
パキシルは子供への副作用を注意する
パキシルの劇薬指定についてのいくつかの疑問点
うつ病の最終兵器? エビリファイ
絵がうつ病治療のきっかけになる!?
うつ病 音楽も好きであれば薬になる?
うつ病の治療にクラシックのアルファ波は有効
うつ病の克服には何が必要なのか
”うつ”と世間と闘う記録
早期復帰に向けて整えて欲しい環境
薬のバランスは自分で考えるべきだ
鬱治療の幅を広げる
”うつ”と世間と闘う記録
鬱病治そうと思うなら人任せにしないこと
読書がうつの治療になる!?
うつ病と栄養ドリンク
ちょっとした外出も治療になるのか?
うつの人こそアウトドアで楽しむ
うつ病には亜鉛が欠かせない

トップページ “うつ”の支援制度 “うつ”おすすめ治療法