鬱にならない体質を作るには

 

 

 

 

 

うつ病という難病にどう対処していけば良いのだろうか。
自分自身で考えたけど、納得のいく答えはみつからないのです。

 

 

 

医学的には神経伝達の異常として社会的な認知を得たものの、
じゃあどうするの?
どうやって治すの?
みんな同じ薬で治すの?

 

様々な疑問が出てくるばかりです。

 

 

 

精神的な疾患を持つ人は、一人一人環境が違います。
人間は大人に向けて成長していき自分というものを形成していく訳ですが、
大人になるまでの過程で性格的なものは決まって行く様な気がします。
親からの教えであったり、友人関係であったり。

 

 

 

当然大人になってからも色んな問題にぶつかりますが、その問題に
対処出来る様な経験や教えが成長段階で
ないと、後に苦しむ結果となってしまう事になります。

 

 

 

精神バランスが崩れるのは、バランスを保つ経験をしていない土台が
ないからバランスを失い悩んでいくのだろうかと勝手に解釈しています。

 

 

 

結婚して子供を持ち、子供が成長していく過程で親としては
偉そうに色々と言いますが、実は自分自身が一番自分はどうなんだって
感じてます。

 

 

 

しかし正しいことは教えていかなければ、子供は大きくなって大人になれば
困るばかりで親への依存から抜けられなくなっていきます。

 

 

 

高校や大学を卒業して、意気揚々と社会人になり独り立ちしたかと思ったら
実社会に馴染めず、すぐに会社を辞めそのままうつ病となりニートになった事例も
数多くあります。

 

 

 

うつにならない体質作りや、環境つくりに身近な家庭から取り組まなければ
なりません。


TOPへ