冬特有のうつの独特な治し方

冬特有のうつ

 

 

 

 

冬になると”便秘”になるという方は多々いると思います。

 

しかし、冬になると”冬特有のうつ”というのをご存知でしょうか?

 

これは知っている人と知らない人が分かれる話題です。

 

 

では冬特有のうつというのをご紹介致します。

 

 

「うつ」というワードが付くので

 

一般的なうつと混合される方もいると思いますが、

 

この冬特有のうつはまた別物になります。

 

 

 

うつのイメージで代表される症状は、

 

「不眠」「脱力感」など生きる気力を失った状態が

 

真っ先に浮かびます。

 

しかし、この冬特有のうつは「食べ過ぎ&寝過ぎ」という、

 

うつとはかけ離れた元気な症状なので

 

中々自覚できないと言われています。

 

 

 

強いて言うと冬特有のうつは、

 

季節性のうつなので通常のうつとは別物なのです。

 

 

 

この冬特有のうつは”20代後半の女性”に多く見られます。

 

中でも過食による”甘い物の癒し”はこの症状の特徴でもあります。

 

通称うつ太りとも称されます。
(ですが甘党の人は全て冬特有のうつとは限りません)

 

 

 

この主な原因となるのが

 

”日照時間が短くなる”ことが原因です。

 

これが要因となって脳内の神経伝達物質

 

「セロトニン」が減少して起こるのです。

 

 

 

この通りに冬の日照時間の変化で起こるので、

 

冬特有のうつと呼ばれるのです。

 

 

そこで不足したセロトニンを満たす

 

薬の服用治療もありますが、一番オススメしたいのが

 

 

「日光浴」です。

 

 

 

日照時間により不足した日の光を、

 

自ら日に辺りに行くことで補い、

 

体を活性化させるのです。

 

 

 

冬特有のうつは季節性の為に防ぎようがありません。

 

しかし、通常のうつとは違い、

 

自分の行動によって日に当たることで改善できるのも、

 

この冬特有のうつ独自の特徴でもあります。


TOPへ