子どもが”うつ”になったら病院はどうするの?どこがいいの?

 

 

 

 

子どもが”うつ”になったら、病院はどうするの?どこがいいの?

 

 

 

 

確かに、最初は一つの病院では、はっきりと病名がわか
らないことがあります。特に”うつ”はそうですが、次
から次へと病院を替わることは、かえって”うつ”の子
どもを不安にさせてしまいます。

 

 

”うつ”という病は、治療をはじめてすぐに効果があら
われるものではありませんから、治らないからといって、
すぐに病院を変えるのはよくありません。

 

 

病院を次から次へと替えるのは、”うつ”の子どもにと
っても良くないですし、親と病院との信頼関係もだいじ
ですから、そういった意味でも、”うつ”の治療には、
一人の医師と信頼関係を築いて、じっくりと取り組んで
いったほうが子どものためにもベストです。

 

 

 

もちろん、”うつ”の治療は、子どもと病院の信頼関係が一番大事です。

 

 

 

”うつ”の治療において、親と医師との信頼関係は、も
ちろん大事ですが、それ以上に重要なのが、”うつ”の
子ども自身と医師との信頼関係です。

 

 

いくら親との相性がいい医師であっても、子どもとの相
性が悪ければ、治療に影響してきます。

 

 

親と医師がいい雰囲気のなか治療を進めていても、子ど
もが必要以上に緊張していたり、毎回ストレスを感じて
いるようであれば、”うつ”の治療していても、思うよ
うにはかどらない可能性があります。

 

 

そういう場合は病院を替えることを検討するべきです。

 

 

 

 

 

子どもの治療が第一。どんなことでも、疑問はすべて話すこと。

 

 

 

こんなこと聞いてしまって大丈夫かな?なんて考えない
ことです。こっちは素人なんですから、疑問に思ったこ
とは聞かないとわかりません。

 

 

子どもの”うつ”を治すことが第一なんですから、疑問
や不満を黙っていてはいけません

 

 

 

どうしても相性が合わなくて病院を替える場合でも、黙
って勝手に替えてはダメです。必ず紹介状を書いてもら
うようにします。

 

 

黙って勝手に病院を替えると、また最初から検査、問診
をしないといけなくなります。

 

 

”うつ”の子どもにとっては大きな負担になってしまい
ます。今までの投薬記録や検査記録があるわけですから、
必ず紹介状を書いてもらってください。

 

 

 

 

 

 

TOPへ