一生薬を飲み続けなければならない!?”うつ”再発の現実とは?

うつ, 再発, 薬

 

 

 

 

薬を止めると”うつ”は2年以内に

 

50%が再発!?

 

 

最近は、テレビ番組や、雑誌の記事などで

 

盛んに”うつ”が取り上げられている。

 

 

 

ほとんどの内容が、”うつ”は薬と十分な休養をとれば、必ず治るから、

 

”うつ”の疑いがあれば、早めに病院にいって

 

治療を受けたほうがいいというもの。

 

 

 

確かに薬物療法と十分な休養で、

 

ほとんどの”うつ”患者は治るようである。

 

 

 

だがここで見過ごされているのは、

 

”うつ”という病の再発のしやすさである。

 

再発しやすいために、「治った」と思っても

 

薬の服用は止めてはいけない、というのが

 

ほとんどの医師の共通認識となっている。

 

 

 

”うつ”はやっぱり再発しやすいのか!?

 

 

”うつ”が再発しやすいことは、

 

世界各国の研究によってはっきりと確認されている。

 

 

アメリカの研究機関からの報告には、

 

”うつ”患者の実に半数が、2年以内に再発していて、

 

さらに8割近くが、その後の生涯において、

 

最低でも一度は再発しているという。

 

 

 

その他、各国の研究報告を総合すると、

 

”うつ”患者の実に75%が再発してしまい、

 

そのうちの50%が、わずか2年以内に再発してしまっている。

 

さらに”うつ”患者の20%が慢性化してしまっているという。

 

 

 

うつ再発防止 薬は飲み続けなければいけない!?

 

 

 

どうしても”うつ”は再発しやすい病であるために、

 

すぐに薬の服用を止めることが出来ない。

 

 

 

再発防止のために、

 

長期に渡って薬を飲み続けなればならなくなる。

 

もっとも今のように、長期に渡って薬を飲むことが可能になったのは、

 

SSRIなどの副作用の少ない、薬ができたことによる。

 

 

 

ただこの長期に渡る薬の服用が

 

”うつ”の慢性化に拍車をかけているとの

 

疑念を抱いている研究者もいる。

 

 

 

”うつ”が治って薬の服用を、止めると、

 

違和感などの「離脱症状」があらわれることがわかっている。

 

急に薬の服用を止めると、

 

禁断症状のように、急に元気がなくなったり、

 

気持ち的に落ち込んでしまうという患者が多い。

 

 

 

そのために、医師達も再発防止のために、維持療法といって、

 

”うつ”が治っても一定期間の抗うつ薬の服用を勧めている。

 

しかしその期間については、はっきりとは決められていない。

 

 

 

医師によっては3年だったり、5年だったり、

 

一生のみ続けなければならないという医師もいる。

 

現時点では、医師でさえ確かなことはわかっていないのだ。


TOPへ