”うつ” 体にあらわれる症状

うつ,症状

 

 

 

 

 

”うつ”というと、何かと精神的な面ばかりが注目され、

 

身体的な症状はさほどないと考える人が結構いますが、

 

 

 

実は、”うつ”は精神的症状、いわゆる、うつ気分のほ

 

かにも、身体的な症状も伴います。頭痛や腹痛、めまい、

 

ふらつき、倦怠感などさまざまで、”うつ”患者によっ

 

て全く変わってきます。

 

 

 

この”うつ”に伴ってあらわれてくる身体的症状は、は

 

っきりしたものというより、漠然としたあいまいな不快

 

感が多いのが特徴的です。

 

 

 

”うつ”の一般的な身体的症状のあらわれかたは「なん

 

となくお腹が痛い」「なんとなく頭が重いような気がす

 

る」などのように、あいまいな不快感である場合が多い

 

ようです。

 

 

 

”うつ”となると普通は、”うつ”気分があらわれてき

 

ますが、なかには、”うつ”気分があらわれることなく、

 

先に身体的症状だけがあらわれてくる場合もあります。

 

 

 

そのため、”うつ”と気付くことなく何らかの身体的疾

 

患だと思い込み、内科などを受診することで、”うつ”

 

と診断されることなく、原因不明の病となってしまいます。

 

 

 

この場合、身体的症状があるにも関わらず、検査をして

 

も異常が見つからないために、周りの誰もが首をひねり、

 

頭をかしげるということになってしまいます。

 

 

 

下記のような身体的症状を訴えるのにも関わらず、いく

 

ら検査をしても異常が見つからない場合は、”うつ”の

 

可能性を考えるべきでしょう。

 

 

 

 

口の中が乾く。味を感じられない。

 

重く締め付けられるような頭痛がする。

 

耳鳴りがする。めまいがする。

 

くびや肩がこる。

 

吐き気がある。嘔吐する。

 

腹痛がある。酷い便秘、下痢がある。

 

動悸息切れがする。

 

手足がしびれる。

 

全身に汗をかく。

 

体が冷える。

 

性欲がない。

 

頻尿がある。排尿が難しい。

 

疲れやすいだるい。

 

 

 

 

ただしこれらの症状があるからといって直ちに”うつ”

 

であるということではありません。専門医へ相談する必

 

要があります。


TOPへ