インターネットの使い方で”うつ”になりやすいかが分かる!?

うつ,インターネット

 

 

 

 

インターネットの使い方で”うつ”になりやすいかが分かる!?

 

 

 

なんと、日頃のインターネットの使いかたを見てるだけ
で、その人が、”うつ”になりやすいかどうかが分かっ
てしまうという。

 

”うつ”になりやすい人は、普通の人とは違ったイン
ターネットの使い方をするということだが、実際どのよ
うな使い方をするのか

 

 

 

以下、このようなインターネットの使い方は”うつ”傾向があるという

 

 

〇”うつ”傾向の人は、普通の人よりも明らかに頻繁に、メールやチャットをしている

 

〇 いくつものアプリケーションソフトを起動させておき、それらをランダムにいそがしく使用する。

 

〇ゲームや動画などを、普通の人よりも多く使用している。

 

〇”うつ”傾向のある人は、ファイル共有サービスを多く利用する。

 

 

 

インターネットの使い方で”うつ”になりやすい人は、
インターネットの使い方に、明らかに、普通の人との違
いがあり、それは例えば、今さっきメールをしていたか

 

 

と思えば、インターネットの検索を始めたり、そうかと
思えば、インターネットゲームを始めてみたりと、あち
こちと落ち着きなく、ランダムにインターネットを活用
する癖があるという。

 

 

これは、”うつ”患者の特徴の一つと言われている、
中力の欠如
が原因だと考えられるという。

 

 

インターネットの使い方一つでも、”うつ”になりやす
いかどうかが分かってしまうということ。自分の日頃の
インターネットの使い方を注意してみる必要がありそう
だ。

 

また、自分の周りの家族、子どもや、友人のインターネ
ットの使い方を見たり聞いたりして、もし上記のような、
”うつ”患者特有の落ち着きのないインターネットの使
い方をしているようであれば、

 

”うつ”になりやすい傾向があるからと、注意を促し、
早めの予防対策をとることが出来る。

 

 

 

 

 


TOPへ