”うつ”の薬が患者を増やしたという驚くべき事実!

うつ,薬

 

 

 

”うつ”の薬が患者を増やしたという

 

驚くべき事実!

 

 

 

”うつ”の薬の販売と共に、

 

”うつ”に対する正確な理解を促す活動が活発になる。

 

 

 

このため、今まで”うつ”と知らずに苦しんでいた人々が

 

積極的に受診するようになり、

 

薬を服用する人は、何倍にも増えている。

 

 

 

しかし皮肉なことに、有効なはずの薬の普及と共に、

 

”うつ”の患者数は増加し続けている。

 

この事実から、今欧米では、

 

この”うつ”の薬に対する疑問を投げかける人々がいる。

 

 

 

”うつ”の薬がこれほど普及しているのに、

 

どうして”うつ”患者が減らないのだと

 

その有効性に疑問を持ち始めているのだ。

 

 

 

こういった疑問はなにも、

 

”うつ”患者本人やその家族だけではない、

 

薬を取り扱う現場の精神科医や研究者からもおきている。

 

日本などよりも早くから、”うつ”の薬が普及している欧米などでは

 

一般のメディアでも、抗うつ薬の有効性についての

 

検証がおこなわれている。

 

 

 

このような検証は当然すべきだと思うし、

 

何よりも薬品は効果があってこそ意味があり、

 

結果が全てだ。

 

 

 

今使用されている”うつ”の薬によって、

 

”うつ”患者が減ってきているのなら、

 

この薬の普及にまい進すべきであるが、

 

”うつ”の薬の服用者が増えれば増えるほど、

 

”うつ”患者も増加していくようでは、

 

”うつ”の薬の普及だけでは

 

”うつ”問題は解決しないと考える人々が出てきてもおかしくない。

 

 

 

注意しなくてはいけないことは、

 

”うつ”患者が増えているのは

 

”うつ”の薬が効かないからだ

 

ということではない。

 

 

 

実際に”うつ”の薬が有効に作用する場合は多い。

 

 

”うつ”に対する普及が進んだから、

 

”うつ”患者が増え続けているのか、

 

それとも

 

”うつ”の薬自体の有効性に問題があるのかは、

 

はっきりとはわかっていないのだ。


TOPへ