女性が”うつ”になりやすい その本当のワケとは?

うつ,女性

 

 

 

 

 

女性が”うつ”になりやすい本当のワケとは?

 

 

女性の、”うつ”になる確率は、

 

男性に比べてはるかに高い。

 

その一生の間で、なんと4人に1人以上の女性が”

 

うつ”になってしまうという。

 

 

 

特に中学生頃から、中年期にかけての”うつ”が、

 

圧倒的に多い。

 

 

中学生の思春期頃から老人になる前までの女性は、

 

男性に比べて特に”うつ”に注意しないといけないとうことだ。

 

 

 

躁状態と”うつ”を交互に繰り返す、

 

いわゆる躁うつ病も女性が多い。

 

女性ホルモンは、気分や意欲に影響をあたえるために、

 

”うつ”の発症と大いに関係があるのだ。

 

 

 

女性が”うつ”になりやすい、一番危険な時期は、

 

子どもを生んだ後と、閉経に近づく、更年期である。

 

 

 

この時期は、女性ホルモンの変動が大きく

 

精神的に不安定になりやすいので、

 

”うつ”になりやすい。

 

周囲の人の支えが必要になってくる。

 

 

 

思春期から、青年期にかけても、

 

女性ホルモンの変動が大きく、

 

そのために、気分や意欲にも大きく影響を与えてしまう。

 

 

女性ホルモンの一つである、エストロジェンは、

 

ストレスに対する過剰な反応を助長するといわれている。

 

 

 

ストレスに対する過剰な反応が、”うつ”を誘発してしまっている

 

 

 

女性が恐怖を感じたときに、甲高い悲鳴を上げるが、

 

このエストロジェンの作用によって、

 

ストレスに過剰に反応した結果といえる。

 

 

これはある意味女性らしい反応ということであり、

 

恐怖を感じても、動じなくなってしまっているようでは、

 

もはや、女性らしさを生み出す、女性ホルモンの分泌が

 

少なくなってしまっている、ということになる。


TOPへ