子どもの”うつ”の特徴

うつ,子ども

 

 

 

 

子どもの”うつ”の原因と特徴。

 

 

 

”うつ”気分よりも、身体的な症状の方が目立つ。

 

 

子どもの”うつ”は大人と違って、はっきりとした原因
があることが多い。体の異変が起こってくるので、子ど
もの”うつ”の特徴を理解していれば、比較的気づきや
すい。

 

 

つい最近になってまで、子どもに”うつ”はないと信じ
られていました。しかしさまざまな研究データから、”
うつ”は大人特有の病気ではないと分かっています。

 

 

大人の”うつ”と全く同じというわけではなく、子ども
の”うつ”には大人と違ういくつかの特徴があります。

 

 

子どもの”うつ”の特徴としては、まず、そのきっかけ
が比較的はっきりとしているというところです。

 

 

いくつか分かっているところでは、受験、転校、いじめ、
両親の離婚、不仲、などをきっかけとして”うつ”にな
ることが多いとのデータがあります。

 

 

また、”うつ”のあらわれ方にもいくつかの違いが見ら
れ、気持ちが落ちこんでしまうというよりも、最初に
身体に異常が起きてくることが多いです。食欲不振や夜寝
られない、やせてくるなど、比較的分かりやすい身体的
症状が出てきます。

 

 

 

薬による治療も大人と同じにする

 

 

”うつ”の治療は基本的に、休養と薬物療法ですが、子
どもの場合もこれは同じです。もちろん薬の量は、最初
は少量からはじめますが、徐々に大人と同じ量までに増
やしていきます。

 

 

 

子どものうつ特徴まとめ

 

 

子どもの”うつ”のきっかけ。

 

 

受験 いじめ  両親の不仲  離婚  転校

 

クラス替え

 

 

 

 

子どもの”うつ”発症

 

 

頭痛や腹痛

 

眠れない、日中に強い眠気がある。

 

登校できない。

 

身支度が出来ずたらしなくなる。

 

食欲がない。

 

好きなはずのことが楽しめない。

 

体重が減る、または体重が増えない。

 

 

 

 

子どもの”うつ”治療

 

 

まずは休養。薬物療法では、成人と同量まで薬を増やす
場合もある。

 

 

 

 

 

周りの大人たちが考えなくてはいけないこと。

 

 

親と学校が協力して取り組む

 

 

授業や部活動に参加できずに、子どもはますます自信を
失ってしまいます。周りの大人たちの支えが絶対に必要
です。家庭ないだけで問題に対処しようとせずに、絶え
ず学校と連絡を取り合って、対応すべきです。


TOPへ