”うつ”で頭痛に、頭痛で”うつ”になる!?

うつ,頭痛

 

 

 

”うつ”で頭痛に、頭痛で”うつ”になる!?

 

 

 

 

朝、起きた時に頭痛がある人のうち、実に3人に1人が
”うつ”であったという調査報告があります。

 

 

 

朝起きてすぐに頭痛があるなら、それは単なる頭痛では
なく、”うつ”である可能性が約30%もありますから、
毎日続くようであれば、医療機関を受診したほうがよさ
そうです。

 

 

 

 

 

そもそも”うつ”なのに頭痛になるのはなぜ?

 

 

 

 

どうして”うつ”患者には、頭痛に悩まされる人が多いのだろうか?

 

 

 

考えられている理由として、人間は不安定な意識状態下
では、頭痛などの「痛み」にたいして、いつもより過剰
に反応
してしまう、頭痛などに敏感になってしまうとい
うことがあるようです。

 

 

 

いつもなら痛みを感じないようなことでも、頭痛などの
痛みを感じるようになってしまうということです。

 

 

 

 

 

頭痛が”うつ”の原因にもなる?

 

 

 

頭痛などの痛みに、いつもよりも強く反応してしまうの
は、なにも”うつ”が原因の場合だけではありません。

 

 

 

”うつ”ではなく、最初は単なる頭痛であったとしても、
その頭痛が続くようであれば、当然ストレスになってし
まいます。

 

 

 

ストレスが続けば、それが原因で”うつ”になってしま
うこともあります。”うつ”になれば、頭痛に対してさ
らに過剰に反応してしまい、頭痛が酷くなってしまうと
いうわけです。

 

 

 

 

 

頭痛は不安を呼ぶ

 

 

 

頭痛などの痛みそのものが、そもそも人に不安を呼び起
こしやすいものだといえます。

 

 

 

頭痛はその原因がさまざまあり、重篤な疾患の可能性を
秘めた頭痛もありますから、普段から心配性の人などに
とっては、頭痛が治まらずに続いてしまうようであれば、
大きな不安となってしまうでしょう。

 

 

 

その不安がまた、頭痛を悪化させてしまうという悪循環
を招いてしまうわけです。

 

 

 

 

 

単なる頭痛と甘く見ないこと

 

 

 

始まりが頭痛で”うつ”を発症してしまった場合でも、
”うつ”から頭痛になってしまっている場合でも、どち
らにしても”うつ”
なわけですから、頭痛の治療だけで
なく、”うつ”の治療をしなければ治ることはありませ
ん。

 

 

 

長引く頭痛が治らないようであれば、”うつ”の可能性
が高いですから、早めに精神科や心療内科を受診するこ
とが大事です。

 

 

 

 

 

 


TOPへ