喜ばしいことでもストレスとなり ”うつ”になる

うつ,ストレス

 

 

 

 

 

原因が思い当たりません。それでも”うつ”?

 

 

 

なんと、喜ばしいことがストレスとなって”うつ”にな

 

ることもあるんです。

 

 

 

”うつ”になってしまったけれども、どうしてもその原

 

因となるストレスが見当たらないという人は結構います。

 

 

 

全ての”うつ”患者に、ハッキリとした原因やストレス

 

があるわけではないんです。悪いことなど何もなく、む

 

しろいいことばかりが起こるときでも、”うつ”になっ

 

てしまうことがあります。

 

 

 

昇進や出産などの喜ばしい環境の変化がストレスとなっ

 

てしまい”うつ”になってしまう人もいます。

 

 

 

こういった場合は、”うつ”になってしまったきっかけ、

 

ストレスを、本人が気付いていないばかりか、周りの人

 

もなかなか気付くことが出来ません。

 

 

 

まさか、喜ばしいことが続いているのに、それがストレ

 

スで”うつ”になるなんて、誰も想像も出来ないからです。

 

 

 

”うつ”は遺伝するとよく言われますが、これはいわゆ

 

る遺伝病、ではありません。

 

 

 

”うつ”になる可能性のある遺伝的な傾向を持つ人が、

 

環境からストレスなどを加えられたときに、発症し”う

 

つ”になってしまうといわれています。

 

 

 

”うつ”の遺伝的傾向は人が生きていくうえで必ずしも

 

マイナスだけではなく、役にたつものでもあります。た

 

とえば、何事も物事にこだわる人がいますが、こういう

 

性質は、仕事をしていくうえでは必要なものです。です

 

が同時に、”うつ”の要因ともなりうるものなのです。

 

 

 

 

 

”うつ”のさまざまな要因

 

 

①ストレス

 

 

うれしい出来事の環境の変化がストレスになってしまう。

 

 

失業や失恋などがストレスになって”うつ”になるのは
分かりますが、逆に出世や結婚、出産などのうれしい出
来事でも”うつ”になってしまうんです。

 

 

うれしい出来事は、環境を大いに変化させますから、環
境の変化のストレスに弱い人は、”うつ”になってしま
います。

 

 

 

②遺伝的素質

 

 

”うつ”は遺伝する?

 

”うつ”は遺伝すると思っている人が結構いますが、”
うつ”という病気自体が遺伝するのではなく、「神経質
すぎる」とか「なにごとにもこだわりすぎる」などの
性格的なものが遺伝するわけです。

 

 

これらの性格は”うつ”になりやすい素質ともいえます
から、遺伝するように思えるわけです。

 

 

 

③環境的要因

 

 

ストレスを感じやすい環境、育ち方。

 

たとえば、貧乏人はお金のない生活に慣れていますから、
それにストレスを感じていたら生きていけません。

 

 

ですが、それまでお金に困らずにきた人が、突然、生活
費を切り詰めなければならないような環境におかれたら、
かなり大きなストレスになるはずです。

 

 

ストレスの感じ方は人それぞれで、それまでの環境や育
ち方によって全く違ってきます。


TOPへ