メランコリー型”うつ”の症状

 

 

 

 

 

メランコリー型”うつ”の症状

 

 

 

メランコリー型”うつ” いつまでも”うつ”気分が晴れることがない。

 

自分を必要以上に責める。

 

 

 

メランコリー型”うつ”は”うつ”気分がいつまでも続きます。

 

がんばりたくても、がんばれない自分に嫌気がさしてくる。

 

 

 

このメランコリー型”うつ”は”うつ”状態がいつまでも続きます、

 

ほとんど一日中、重く晴れない”うつ”気分があります。

 

たとえいいことがあったとしても、気分が晴れることはありません。

 

 

 

メランコリー型”うつ”は自分を責める傾向が強いです。

 

何の根拠もなく、

 

「自分はダメな人間だ」と思い込んでしまっています。

 

 

 

メランコリー型”うつ”ではよく不眠に悩まされます。

 

なかなか寝付けなかったり、早朝に目が覚めてしまったりします。

 

食欲もなくなり、動作が緩慢になります。

 

 

 

メランコリー型”うつ”でも他人を責める?

 

 

最近、メランコリー型”うつ”の新タイプとして、

 

他人を責めるタイプが30代を中心に出てきている。

 

 

メランコリー型”うつ”は自分を責めるのが普通だか、

 

それとは正反対に、他人を責めるタイプが増えてきている。

 

「自分はダメな人間」と思うのではなく、

 

他人のせいで自分がこんなに酷い目にあっているんだと、

 

思い込んでしまう。

 

 

 

メランコリー型”うつ”の代表的な症状

 

 

 

通常の起床時間より、早く目が覚めてしまう。

 

いつもより早い時間に、目が覚めてしまい、

 

そこから悲観的なことを、あれこれと考えてしまう。

 

 

 

喜ばしいことが起きても、喜べない。

 

メランコリー型”うつ”の場合は、どんなにいいことがあったとしても、

 

”うつ”気分が晴れることはありません。

 

生活が困難になるほど、激しく落ち込んでしまう。

 

 

 

食べるのがおっくうになる。

 

食べたいという気持ちがなくなる。好きなものでも同じ。

 

食べたいと思えない。どんどんやせてくる。

 

 

 

歩行や動きが鈍くなる。

 

脳の情報伝達機能がうまく働いていないので、

 

何をするにおいても、動きが鈍くなる。

 

また逆に、不安から落ち着きなく歩き回ることもある。

 

 

 

全て自分のせいにする。

 

 

取るに足らないささいな失敗でも、

 

「自分はダメな人間だ」と思い込んでしまう。

 

自分を責める。

 

 

関連 メランコリー型”うつ”の治療法はこちら

TOPへ