”うつ”の大うつと小うつの違いとは?

うつ,大うつ,小うつ

 

 

 

 

 

大うつ、小うつとはなにか?

 

 

 

”うつ”といっても、その病には、

 

たくさんの種類、タイプがあることがわかっている。

 

それを正確に分類することが、

 

診断する上でも、治療していく上でも重要になってくる。

 

 

 

まず、”うつ”を大きく分けると、

 

”うつ”の状態のみが見られる単極性の”うつ”と、

 

”うつ”と”躁”の状態の両方が見られる双極性うつの2つがある。

 

 

そしてさらに、もう一つ重要な分類が、

 

「大うつ」か「小うつ」かである。

 

 

「大うつ」と「小うつ」の違いとは、

 

重症度の違いではなく、”うつ”症状の質の違いによる。

 

「大うつ」とは、第三者か見てもその症状がわかる、

 

客観的に症状が見えるものであり、

 

「小うつ」とは、第三者には症状がわからない、

 

本人だけが感じる主観的なものである。

 

 

 

大うつの客観的症状とは、体重の変動や、動きが緩慢になる、

 

などの症状がはっきりとわかるもので、

 

小うつの症状は、本人はつらく苦しいが、

 

客観的にはほとんどわからないものである。

 

 

 

一目見て、具合が悪そうだ、というのが「大うつ」で

 

一見しても元気そうで、”うつ”には見えないが、

 

話を聞くと、つらそうだというのが「小うつ」である。

 

 

 

症状が見える”大うつ病”

 

 

”うつ”状態のみが見られる、単極性うつの中で、

 

大うつが見られるものを、大うつ病という。

 

 

 

この大うつ病には、代表的なものとして、

 

「メランコリー型”うつ”」がある。

 

メランコリー型”うつ”は、昔からある典型的な”うつ”で、

 

まじめで、几帳面、責任感のつよいタイプの人が

 

なりやすいと言われている。

 

 

 

このメランコリー型”うつ”は、

 

はっきりとした大うつの症状、

 

つまり、客観的な症状が見られる。

 

食欲がなくなったり、動作が緩慢になったり、

 

不眠が見られたりする。

 

 

 

この大うつ病の中には、

 

メランコリー型”うつ”とは明らかな違いを示すタイプの”うつ”が

 

あることが、わかっている。

 

 

メランコリー型”うつ”とは全く違い、

 

過食や体重増加などが見られる「非定型うつ」と、

 

一定の季節にだけ、見られる「季節性”うつ”」である。

 

 

 

やっぱり皇太子妃は”うつ”だった!

 

 

小うつが長く続くタイプの”うつ”は「気分変調症」という。

 

また、皇太子妃がそうだと報道された、「適応障害」でも、

 

小うつが見られるのだ、

 

そして、環境的ストレスが原因のこの「適応障害」であっても、

 

客観的な”うつ”の症状が見られた場合には、

 

大うつという診断になるのだという。

 

 

 

こうなると、「適応障害」と”うつ”の違いはなんなのか?

 

われわれ一般人にはほとんど区別がつかなくなってしまう。


TOPへ