こどもの”うつ”が見逃されたわけ

うつ, こども

 

 

 

子供は”うつ”にならない?

 

 

 

実際に”うつ”と聞くと、ほとんどの人は大人の病気と
考えているようです。ですが欧米の最新の研究データに
よりますと、子供の”うつ”発症率は0.5~2.5%。思春
期のうつ病発症率は2.0~8.0%もあることが分かりまし
た。

 

 

”うつ”は大人特有の病気ではないのです。

 

 

日本でも熊本県で2001年、調査が行われています。
その時の結果は、実に中学生の3割に”うつ”の兆候が
見られたということです。

 

 

 

クラスに必ず一人以上は”うつ”で苦しんでいる子供が
いるということになります。

 

 

 

この数値はかなり高いといわなければなりません。子供
も大人と全く同じように、心の病に苦しんでいるのです。
決して大人だけが”うつ”で苦しんでいるわけではあり
ません。

 

 

なぜ子供の”うつ”は見逃されてしまったのか?

 

 

子供は大人と違い、複雑な内因性の病気などになるは
ずがないという古くからの先入観がありました。そのた
めに、一部の子供たちの”うつ”を見逃してしまって
いたのです。

 

 

社会や教育のあり方の問題という、いわば外側の問題に
ばかり目が向けられていました。そのため子供の内側
の病に気が付くのが遅れてしまったのです。

 

 

専門家である精神分析医ですら、子供に”うつ”のよう
に複雑な心的病があるはずがないと信じていました。で
すから私達一般の大人たちが気付くことはとても難しい
です。

 

 

子供の”うつ”の症状の現れ方にも、発見が遅れる原
因があります。子供の”うつ”の症状は大人と違い、
頭痛、だるさ、お腹が痛いなどの身体的症状が多く、こ
のために、「単なる疲れ」や「なまけ」として扱われて
しまっています。

 

 

学校に不適応な子供が出てきた時、その子供自身に
目を向けません。必ず社会や教育のありかたに目を向け
てしまいます。子供は”うつ”などという複雑な病にかかる
わけがないという先入観があるためです。


TOPへ