うつ病とマイナス思考の線引き

うつ,マイナス思考

 

 

 

うつ病とマイナス思考の線引き

 

 

 

 

 

「いざっ」という時には人生勝負をしたいものですが、

 

思考はついていかないものです。失敗するかもしれない、

 

というマイナス思考は付き物です。そのマイナス思考が

 

引き金でうつ病になる事もあります。

 

 

 

 

 

そもそもマイナス思考が生み出される過程に、どのよう

 

な心理が含まれているのか少しお話しします。

 

 

 

 

 

一般的な見解で理解しやすい例は、TVで不景気という

 

報道を受けて、仕事で失敗をフォーカスしてしまう暗示

 

があります。

 

 

 

 

こういった暗示もマイナス思考を生み出す一つの要因です。

 

 

 

 

 

もう一つに幼少時代に束縛された教育を受けると自尊心

 

を失い、マイナス思考型になるとも言われています。

 

そして、今日の社会病と称すうつ病の本質もマイナス思

 

考の繰り返しとも言われています。

 

 

 

 

 

 

だがしかし、うつ病という病の自己認識も非常に難しい。

 

自分がうつ病なのか、うつ病じゃないのか、という認識

 

は簡単に識別できない。ただのマイナス思考という事も

 

有り得る。

 

 

 

 

しかし、そのマイナス思考が慢性的に続き、うつっぽい

 

と思えば、マイナス思考の範疇を超えてうつ病になった

 

可能性もある。

 

 

 

 

 

うつ病か、どうなのかは医師の診断でも分かる事なのだ

 

が、出来る限り自分の心と向き合って、自分はうつ病で

 

はないという気持ちを持つのも大事である。

 

 

 

 

 

うつ病だと安易に認識してしまうと、ただのマイナス思

 

考だったとしても、気持ちからうつ病になってしまケー

 

スもあるので、心との距離を十分に図って行きたいもの

 

である。


TOPへ