うつ病で精神的にも家族バラバラに

 

 

 

 

 

 

■うつ病で家庭崩壊■

 

 

 

 

うつ病の症状がひどく期間も長くなれば、家族にとっても深刻な

 

状態となり最悪は家族バラバラになるケースも多数あります。

 

 

 

家族バラバラと言っても家族が離れ離れになるという意味と、

 

精神的に家族バラバラとなる場合があります。

 

 

 

うつ病の症状が重くなると、しばらくの間働く事が出来なくなります。

 

一家の大黒柱である人がうつ病になり、長い期間働けなくなると

 

生活面で多大な影響が出てきます。

 

 

 

 

勿論、休養してうつ病の症状が改善され仕事復帰を目指しますが

 

いつまで経っても改善の兆しが見えなくなると、家族は生活での

 

不安が大きくなり結果として離婚などを余儀なくされる場合も有り

 

家族バラバラという状態となり得ます。

 

 

 

 

この場合の家族バラバラは形で見える家族バラバラになりますが、

 

離婚などせずに一緒に生活していても目には見えない、精神面で

 

家族バラバラになるケースも多数あります。

 

 

 

 

うつ病という病気そのものが目に見えない心の病である為、周りから

 

見ればただ仕事したくないだけなどの印象をもたれてしまいがちです。

 

 

 

その為年頃の子供がいる場合などは、友人からあなたのお父さんいつも

 

家にいるね。

 

などの言葉を掛けられ続けると、うつ病に対する理解が薄い場合が多いので

 

段々本人に対して苛立ちを感じたりします。

 

 

 

その結果病気である事を理解しようっせずに心が離れ精神的に家族バラバラ

 

と言った状況をも生み出します。

 

 

 

 

特に生活を共にする家族、または親類など近いところにうつ病になった

 

経験者がいなければ、病気への理解度も低く状況は悪化します。

 

 

 

うつ病患者本人も家族に対して不安を感じたり、苛立ちを感じたりして

 

次第に心が離れていき家族バラバラな精神状態となる事もあります。

 

 

 

うつ病には正しい解釈をもって接する事が出来ないと改善の兆しが

 

見えてきません。

 

 

 

家族がうつ病の本人に対して、気づかないうちにダメージを与える

 

言葉を発している事もあります。

 

そういった事が起因して最終的に家族バラバラとなる事もあります。

 

 

 

 

家族で一緒に治していく事を考えれば本人も気持ちが楽になり

 

早い回復も可能になるので、色んな話を聞いてあげる事も必要です。


TOPへ