うつ病の症状の1つが過食症状です

うつ, 過食

 

 

 

 

うつ病の一つの症状に過食があります。もしくはうつ病

 

で服用している薬の副作用によって

 

過食になっているケースがあります。

 

 

 

 

うつ病による過食症状の定義は3つあります。

 

 

○ 食欲増進・・・週3回以上、食欲に過剰な衝動がある場合。

 

 

○ 過剰摂取・・・週2回以上、度を越した量を食べる
事、余分な軽食を毎日摂る場合。

 

○ 体重増加・・・3ケ月で5kg以上増加する場合。

 

 

 

これの中の一つでも該当すると、うつ病時に起きる過食

 

症にかかっている可能性があります。

 

 

 

 

このように食に対して依存心が出てくる原因としては、

 

不安、抑うつ状態、ストレスが大きく及ぼしています。

 

うつ病患者が抗うつ薬を服用すると、脳の神経伝達物質

 

に抗うつ状態をもたらします。

 

 

 

しかし、食事によっても抗うう状態が解消される為、過

 

食に走ってしまうと言われています。

 

 

 

 

つまり過食をすることによって、脳を正常にしているの

 

ですが、過食によって悪循環を繰り返しているとも言え

 

ます。

 

 

 

 

その為、うつ病患者の過食を改善しなければなりません。

 

対策として過食にならないようにお腹を満たす方法が適

 

切です。

 

食物繊維を多く取ったり、噛む回数を増やしたり、ゆっ

 

くりと食べる事を心がけましょう。

 

 

 

 

過食症状とよく向き合って、無理のない方法で改善して

 

行きましょう。


TOPへ