芸能人のうつ病は”瞬時”にマイナスをプラスへ

てぃだかんかん~海とサンゴと小さな奇跡~ [DVD]

 

 

 

 

用を足しに出掛けた時に、ちょっとした合間に

 

週刊誌を手にすることがあります。

 

内容は言わずと知れた芸能人にまつわる話題です。

 

その中でも一際目を引いた見出しは”うつ病”です。

 

 

 

一見、芸能人とうつ病は無関係のように思われますが、

 

芸能人は世相を表しています。

 

それは表舞台の方々だからです。

 

 

 

芸能人がうつ病を発症する理由の多くは

 

”プレッシャー”が挙がります。

 

芸能人と一言で言っても様々で、

 

お笑い芸人や映画やドラマでお芝居する方もいます。

 

 

 

そこで共通して抱えていることは、

 

常に人目に触れるを仕事で強いられていることです。

 

心の中でずっと葛藤しているのです。

 

その為、いつしか心の緊張の糸がプツンと切れて

 

うつ病が発症してしまうのでしょう。

 

 

 

その他にうつ病になる要因は”経済不況と激務”です。

 

これは我々一般人にも共通していることです。

 

 

 

芸能人が住む場所「芸能界」は

 

移り変わりが激しい場所です。

 

流行り廃りが非常に早く、

 

1年で顔触れが変わってしまいます。

 

皆様もテレビなどで入れ替わりを感じていると思います。

 

 

 

本来そういった性質のある芸能界において、

 

現在は経済不況下の影響もかなりあります。

 

スポンサーも番組制作費に割く制作費を

 

極力抑える傾向にあったり、

 

広告費を大幅に削減する企業も出始めています。

 

 

 

その為、芸能人は先が見えない商売なので、

 

売れる時に多くの仕事をこなすためオーバーワークに陥り、

 

うつ病へとなるケースも多々あります。

 

 

 

近年は一般人のうつ病がクローズアップされていますが、

 

本来は経済に直接的に結びついている水商売の

 

芸能人とうつ病に、現在の”真実を映す鏡”が存在しているのです。

 

 

 

しかし一方で芸能人がうつ病を克服して話題になる例もあります。

 

一般人のうつ病患者もその勇姿を見ることで勇気付けられることもあります

 

 

やはり芸能人はマイナスも簡単にプラスにしてしまう、

 

移り変わりが激しい人達なのです。

TOPへ