うつ病で音に過剰に反応するのは精神状態が悪いため

 

 

 

 

 

 

うつ病になると、音に敏感になったりします。

 

基本的に、うつ病状態であると静かにしていたいと

 

いう気持ちが出てきます。

 

なので、過剰に音に敏感になりイライラする事があります。

 

 

 

 

テレビの音に敏感になり、ボリュームが大きいとつい

 

下げてと家族に言ってしまったりと言うこともうつ病には出てきます。

 

 

 

 

うつ病を持っていても仕事を普通に続けている人も、仕事場に

 

行けば音に敏感になります。

 

他の人から見たら何気ない事でも、少しの音にも敏感になり

 

ストレスが溜まります。

 

 

 

 

うつ病は精神状態のバランスが崩れるために、普段の生活の

 

中の音にも敏感になりがちです。

 

 

 

寝るときに、ほんの小さな水の落ちる音やアナログ時計の

 

針の音にも敏感になり、耳栓を付ける人もいます。

 

 

 

うつ病でない人が、そこまで音に敏感になると逆に

 

うつ病かも知れないと疑った方が良いかも知れません。

 

 

 

 

うつ病の多くの患者は、落ち着いた気持ちになりたいと

 

いう願望が自然と出てきます。

 

 

 

なんのプレッシャーもなく、ゆっくりとした時間を過ごしたいと

 

感じる為、わずかな雑音でも気になって仕方ありません。

 

そうして音に敏感になると、常にイライラ感がありうつ病の

 

症状も悪化していく事になります。

 

 

 

 

音に敏感になってしまうだけではなく、人のちょっとした

 

行動などにもイラっとしたりします。

 

 

 

 

うつ病患者の精神状態は、常に神経をすり減らされている

 

様な感覚がある為に気にしなくて良い事まで気になります。

 

日常生活の中で何か、どこかリラックス出来る事や場所を

 

持てれば良いのですが、状態が悪いときな何をしても

 

ダメな事が多くあります。

 

 

 

 

音に過剰に反応する場合は、静かな場所に行きゆったりと

 

過ごす事で落ち着いた状態がつくれます。

 

特に自然豊かな場所はうつ病にとって大事な場所になります。


TOPへ