音に敏感に成り始めたら”うつ病”?

 

 

 

 

私達は”うつ病”に関する知識をもう少し

 

深めた方が良いかもしれません。

 

 

 

それはうつ病の症状は無気力や倦怠感の他にも

 

様々な症状が見つかっており、

 

自分が不調な時に自己判断

 

出来るように知識的な事前準備をしておきたい為である。

 

 

 

それは貴方のすぐ近くまで

 

うつ病が近付いているからです。

 

 

 

うつ病の症状の中に

 

音に敏感”になることがあります。

 

 

 

音に敏感と一言で言っても、

 

普通に音に敏感という

 

「レベル」ではありません。

 

 

 

常に音に敏感になってしまい、

 

頭から音が離れない状態

 

なると言います。

 

 

 

 

普段寝る時に耳栓をする方などもいますが、

 

それは寝付く時に音に敏感に

 

反応してしまうからです。

 

 

 

しかし、そういった方でも

 

日常生活レベルで

 

そこまで音に敏感に

 

なることは滅多にありません。

 

 

 

しかし、うつ病で音に

 

敏感になってしまうと

 

日常レベルの騒音

 

気になるのです。

 

 

 

常に精神状態はイライラし、

 

頭の中が錯乱状態になります。

 

 

 

うつ病が更に進行してしまいます。

 

 

 

 

うつ病で音に敏感になっている方には

 

特別に気を使わなくてはなりません。

 

 

 

周囲の方に出来る事は、

 

重要な話をする時は

 

近所の喫茶店などを使用したり、

 

家では物音に気を使ったりしなければ

 

いけません。

 

 

 

うつ病の方はそれ程までに

 

音に敏感になって

 

神経をすり減らしているからです。

 

 

 

健常者の方も

 

音に敏感に反応し出したら

 

危険信号です。

 

 

 

うつ病に進行する

 

可能性があります。

 

 

 

ではそういう時に

 

うつ病へと進行させない方法としては、

 

よく気分転換を心掛けて

 

気持ちをリフレッシュさせると

 

良いでしょう。

 

 

 

外に出て遠くに耳を澄ませて

 

深呼吸をすれば問題はありません。


TOPへ